ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

百折不撓

 

 

 

【百折不撓

読み:ひゃくせつふとう

意味:何度失敗して挫折ざせつ感を味わっても、くじけずに立ち上がること。どんな困難にも臆おくせず、初めの意志を貫くこと。

 

 


 

 


皆さまこんばんは!

 

 


ぬか袋のブログのお時間です。

 

 


なぜいきなり百折不撓(ひゃくせつふとう)の説明をしたかといいますと。

 

 


先日、ぬか袋のブログ100記事突破しました!!

 

 
初めて投稿した日が2020/2/20

今思えば2の多い日にスタートしたんだなと。

 

 


思い返すと初めは文章を書くことの練習がてら、おやすみ前のひと時に読んでもらえる何気ない一日の記録として始めました。

 

ぬか袋のブログのコンセプトは

『おやすみ前に読む、何気ない一日の記録』

 

 
記事が増えていくにつれてもテーマは変わらずですが、記事のトピックが銭湯、アウトドアの2軸だったのが、DIYや御朱印、お酒など新たなトピックも増えました。

 

 

専門ブログにした方がいいんじゃないか?

稼げるブログは専門ブログだろ?

 

いつも読んでくださっている方はご存知だと思いますが、そんなことは完全に無視してます。

 

むしろクソ喰らえと思ってます。(言い過ぎました。)

 

 


自分が読んでて面白いニッチなブログを書きたいだけであって、トレンドキーワードをハイエナのように食いついてPVを稼ぐなんてことは考えたことがありません。

 

 


銭湯に関して言えば、好きな昔ながらの街の銭湯のことを書いて、その銭湯に実際に行ったり、行きたいと思ってもらえることが僕にとっての一番のアフィリエイト収益だと思います。

 

 


近年さまざまな要因はありますが、昔ながらの街の銭湯は非常に厳しい状況だと思います。

 

 
僕も昨年、間近で大好きだった銭湯が閉業するのを目の当たりにしました。

 

 
街の銭湯が閉業している状況はもちろん知ってましたが、『大丈夫だろう』と思っていました。

 

 
しかし閉店してしまい、僕にとっての銭湯という一つの癒しの場、コミュニティがなくなってしまいました。

 

 
今の僕にできることは、そんな昔ながらの街の銭湯の良さを知ってもらって少しでも読んでくれている人に足を運んでもらうことぐらいしかできません。

 

そしてそれが街の銭湯の延命にも繋がると僕は思ってます。

 

 
なのでこれからも銭湯という一つのトピックについては書き続けます。

 

 
来年はどこかの銭湯と絡んで何か面白いことをしていこうと思いますので、乞うご期待!

 

 
アウトドアやその他のトピックについては完全に私利私欲のまま日記感覚で書いてますので、本当に寝る前や休日前に何気なく読んでもらえたら幸いです。

 

 いつも読者様のコメントやブックマーク、星★などに本当に助けられています。

 

一方的に発信し続けるだけでは正直、気持ち的にキツい部分もありますがコメントやブックマークコメントがあるので続けてこれたといっても過言ではありません。

 

運営さん、ブックマークコメントに対して返事できるようにしてくれ!!

 

 
100記事書いたからといって変わることは何一つないですが、

今後も何卒この『何気ないブログ』をご愛顧いただければと思います。

 

 

 

 

そして。

 

 


ここで一つ告知です。

 

 


ブログから派生して、ずっとやりたいと思っていたことを始めます!

 

 


ラジオです!

 

 


僕はラジオが好きで、オールナイトニッポンをはじめ、色んなラジオを毎週聴いております。

 

 
『あ〜ラジオやりてぇなぁ』と思っていたところ。

1人では流石に寂しすぎるので、2人の友人にご協力いただきスタートすること運びになりました。

 

f:id:nukabukuro:20201130030422j:image

 

 

 さらっと2人の友人についてご紹介しておくと、1人はブログにもよく登場する

『候補生の彼』

その彼について詳しくはこちらをお読みください。

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

もう1人の友人は銭湯ウォーリアーズ立ち上げメンバーの1人で僕と候補生の彼と3人でいつもキャンプに行く仲間です。

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 
ラジオ名は

【Sunset Strip】

 

stand.fm

 

stand.fmで

毎週 木曜21時に配信します。

 

是非こちらもフォロー宜しくお願いいたします。

 

f:id:nukabukuro:20201130023610j:image

 


陽が落ちた後に日々のストレスを脱ぎ捨てて聞く何気ないラジオ。

という意味を込めてつけました。

 

ブログ同様のテンション。

いや、もう少し肩の力を抜いた感じで行こうかと思ってます。

 


収録だけは既に10本分ぐらい撮ってますが、肩に力入りまくりです!!笑

回を重ねる毎に改善していきます!

 

 

是非これからはラジオの方もチェックしていただきたいと思います!

 


ブログで書いた事も改めて話しているので、ブログと合わせて聞いていただければ尚、楽しんでもらえるかとおもいます。

 

 


毎週 木曜21時配信。

 

初回配信は12/3です。

 

stand.fm

 

是非、皆さまご視聴宜しくお願いいたします!

 

 

 

では本日の一曲はこちらで。

 

Retarded-KID FRESINO

 

youtu.be

 

 

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

宅飲みを豊かに

 

 

皆さまこんばんは!

 

ぬか袋のブログのお時間です。

 

関西はいきなり寒くなって来ましたが、僕は夏より冬の方が好きなので『かかって来やがれ!』という感じです。

 

 
ここ最近のブログではお酒のことを紹介してきましたが。

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

家でお酒を飲む。

 


つまり宅飲み。

 


宅飲みを豊かにするアイテムは良いお酒だけではなく、使う道具も重要だと思い。

 


ドンッ!

 

f:id:nukabukuro:20201125022250j:image

 

 
Amazonで買いました。

 


そうです。

 


うすはりグラスを導入しました。

 

f:id:nukabukuro:20201125022307j:image

 


今までは100均で買った、100均で1番薄いであろうグラスを使っていましたが家に持ち帰って思いました。

 


『このぐらいの薄さなら家に既にあった〜。』

 


最近キャンプ道具など何かと脚光を浴びている100均でも流石に良いお店で出てくるようなうすはりグラスは置いてませんでした。

 


お酒の美味しさを引き出すにはグラスも重要だと聞き、今後も長い付き合いになるだろうと思い買ってしまいました。

 


今回購入したのは東洋佐々木ガラスさんのUSURAIグラス

 

 

 

 


ビールやハイボール、ジントニックを飲む用に560mlのロックグラスとウイスキーをロックで飲む用に275mlのオンザロックグラスの2つを購入しました。

 


なぜこのグラスを選んだのか?

 


もちろんプライスもそうですが、こういったグラスの怖いところは割れやすそうというところ。

 


しかし東洋佐々木ガラスさんのUSURAIグラスHSハードストロング全面イオン強化加工が施されており『強く』『傷つきにくい』のが特徴。

 


HS全面イオン強化加工とは、化学的な処理により、グラス全面に圧縮応力を発生させて強化する方法です。

 


HS全面イオン強化加工が施されていないグラスと比べて強度は1.6倍だそうです。

 


こういった薄いグラスは割れた際に爆発するような割れ方の恐れもありますが、USURAIグラスは普通のグラスと同様に割れるようです。

 


また業務用食洗機でも洗えるので、これまた安心です。

 


耐久性の面だけではなく、ファインクリア加工クリスタルガラスに匹敵する美しい透明感も特徴。

 


飲み口をダイアモンドがついたヤスリで磨いて滑らかにして炎で焼き仕上げているので飲みやすくて優しい飲み口になっております。

 

 

f:id:nukabukuro:20201125022342j:image

 


つまり!

 

美しさと強さを兼ね備えたグラスということです。

 

女性で例えると天海祐希さんみたいな感じですね!(分かりますか?)

 


USURAIグラスの説明はさておき、早速ビールを注いでみました。

 

f:id:nukabukuro:20201125022401j:image

 

ここ最近はビールをあまり飲まないためこの為にわざわざ買いましたが、グラスに対してサイズミスりました!

 


560mlの容量なのでロング缶も注げますね。

 

 

f:id:nukabukuro:20201125022416j:image


やっぱりうすはりグラスで飲むビールは泡の口当たりが柔らかくて味わいも違ってきます。(注ぎ方は若干ミスった。)

 


『家で飲むビールってこんな美味しかったっけ?』と思うほど。

 

また見た目も綺麗で良いですね〜。

 


さて、お次はハイボール。

 


今回も前回同様にフロム・ザ・バレルで作りました。

 

f:id:nukabukuro:20201125022444j:image


これまた香りが今までのグラスと違い、より豊かに感じます。

 


また飲み口が優しいので舌触りも炭酸が舌の上を転がるような感覚。

 


100均のグラスとは全くちがいます。

(そらそやろ。)

 


今まではグラスまで拘ることはなかったので、グラスを変えるだけで家で飲むお酒がワンランクアップした気がしました。

 

 そしてまた僕の宅飲みレベルがアップしました。

 

このコロナ禍で外で気兼ねなく飲めないストレスもありますが、宅飲みを極め過ぎると逆に外で飲まなくなりそうな気もしますね。

 

もちろん外で飲むのも楽しいですが、もともと僕は人混みが嫌いなので家で好きな音楽、好きな映画、本を読みながら飲むお酒が好きです。

 


考え方は人それぞれですが外で飲む時は良いお店でお酒を飲むためにも、日々節約のために宅飲みするのもありかなと思います。

 

そんなことを考えながら飲んでるとオンザロックグラスを使うことなく終わってしまいました。笑

 

また次回以降に紹介します!

 

では本日の一曲です。

 

I Still Believe-Walshy Fire, Jason Julian & Alta Ouses

 

youtu.be

 

 

 

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

FTB

 

皆さまこんばんは!

 

またコロナウイルスが流行ってきていますが、三連休皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

また外出自粛などになればと考えるとゾッとしますが、今のうちに外出しなくても楽しめる、日々のストレスを発散できる何かを探すのも良いかもしれませんね。

 

というわけで本日も

 

超絶初心者のウイスキーレビューです!

 

超絶初心者のウイスキーレビューウイスキー超絶初心者の僕が、僕なりにウイスキーをレビューするというおこがましいコーナ。(暖かい目で見てやって下さい!)

 

早くも2回目すみません。。。

 


僕には先月。いや2ヶ月前から探していたある一本のウイスキーがある。

 


そいつはそこまで高くないのに定価で販売されているところを見かけることは全くなかった。

 

噂だけがやけに耳に入るが、実物を見たことがなく、『幻なのか?』とも思いました。

 


Twitterでそいつのことをエゴサーチすると、度々スーパーで見つけたやら、近所の酒屋に定価で売っていたなど目撃情報が上がっていた。

 

しかし僕の地元での目撃情報は見つからなかった。

 

 

 


僕は友人にも頼み、『見かけたらすぐに確保してくれ』と伝えていた。

 


それから数日後の休日。

 


疲れた体を癒やしにまだ明るいうちに銭湯に行った。

 


船戸湯だ。

 

f:id:nukabukuro:20201122023546j:image


サウナがカラッと熱くて、露天風呂の薬湯も気持ちよく一気に疲れが吹き飛んだ。

 


その日は小雨が降る雨の日だったが、そんなことも気にならないぐらい気持ちは晴れ晴れしていた。

 


その後、予定があったが少し時間があったので、道中にあるウイスキーの品揃えが多い酒屋にふらっと立ち寄った。

 


もはやあいつのことなんて考えてもおらず『どうせ無い』という考えが脳内にこびりついていたので、時間潰し程度の寄り道だった。

 


ウイスキーコーナーに入り、軽めにジャパニーズウイスキーコーナーを流し見した。

 

ニッカウイスキー。

プレ値の白州、山崎、響。

 

ここまではなんらいつもと変わらぬ風景だった。

 


ピタッと目線が止まった。

 

 

丸いボトルが並ぶ中でそいつだけが異彩を放っていた。

 

NIKKA WHISKY FROM THE BARREL

 

f:id:nukabukuro:20201122023612j:image

 

そこに並んでいたのは探し求めていたあいつだった。

 

ついに見つけた!!


価格を見ると少しプレ値はついていた。

 

今月はシーバスリーガルミズナラも買ってしまった。(ボトルは月一本の予定)

 

 

www.nukabukuro.jp

 


そんな状況ではあったが、目があって3秒で手に取ってしまっていた。

 

なんなら二本手に取った。

 


流石に調子に乗りすぎだと思い、一本は棚に戻した。(ボトルは月一本の予定)

 


そして寄り道せず、その足でレジに向かっていた。

 

お金を払い終えて、手に入れた実感が湧いた。


やっと手に入れた。

 

しかもあるとは全くも期待していなかった時に限って。

 


嬉しさのあまり、早く飲みたすぎて車の中で匂いを嗅ごうか迷ってしまったが、晩酌まで我慢した。

 


そして晩酌の時間。

 

f:id:nukabukuro:20201122023654j:image


このボトルの形、改めて見るがすごいフォルムだ。

女性でいえばセクシーではないが、お洒落な子。

 

シンプルなデザインはやけにお洒落だ。

 


まずはストレートでテイスティング。

 

それにしてもこの形は注ぎにくい!

 


アルコール51%と高めなので、ストレートでは多少ガツンとアルコールがくるが、辛味はなく、樽の香りとフルーティーな香りを感じる。

 

ウイスキー通の方が良く仰っている、『ウイスキーはアルコール度数が高ければ高いほど美味しい』とはまさにこのことかと少し分かった気がした。

 


コクがありながらも凄く滑らかで美味しい。

 


探し求めた甲斐があった〜。

 


少し加水するとこれまた飲みやすくドライレーズンの様な濃厚で芳醇な味わいを感じた。

 


お次はハイボール。

 

f:id:nukabukuro:20201122023711j:image


これまた炭酸で割っても割負けせずに、しっかり濃厚で美味しい!

 


ロックで少しずつ飲んでもいいし、ハイボールなんかでも楽しめる。

 


見つけるのは苦労したが、期待に応える味わいでコスパも良く満足感を感じました。

 

そもそもフロム・ザ・バレルとは?

1985年にニッカウヰスキーから発売された。

 

四角いボトルデザインはグラフィックデザイナーの佐藤卓

主な作品にはロッテのミントガムシリーズやキシリトールガム、S&Bスパイスボトル、大正製薬のゼナなど一度は目にしたことのあるパッケージデザインをも手がけている。

 

過去にはISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で2016年まで5年連続金賞受賞

WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)ベストジャパニーズブレンデットウイスキー(ノーエイジ)5年連続受賞など品評会で数々の賞を受賞している。

 

 

『フロム・ザ・バレル』は、熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど再貯蔵。この再貯蔵は「マリッジ(結婚)」と呼ばれ、まさにこの間、個性の違うウイスキーは結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れた美味しさが生まれます。

再貯蔵された多くのウイスキーは、瓶詰め前に割り水によってアルコール分・40~45%程度に調整されますが、『フロム・ザ・バレル』は、割り水を最小限に留め、アルコール分「51%」に設定。骨太な飲みごたえとともに、再貯蔵(マリッジ)で生まれた濃厚にして繊細な香りと味わいのハーモニーをお届けしています。

フロム・ザ・バレル|商品紹介|NIKKA WHISKY

 

 

 

と言うわけで非常に評価も高い一本であることは間違い無いですね!

 

一本しか買わなかったことを後悔しながらも、大事に少しずつ楽しませてもらいます。

 

皆さんもまだ飲まれたことの無い方は是非一度飲んでみてはいかがでしょうか。

 

 
ではまた次の機会に。
 
 
本日の一曲はこちら。
 
Moon River-Frank Ocean
 

youtu.be

 

名曲ですね〜。

 

 

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

シーバス釣り

 

 

 

皆様こんばんは。

 

ぬか袋のブログのお時間です!

 

冷え込んだと思えば、また気温が上がったり意味の分からない気温が続いておりますが僕は相変わらず銭湯で免疫力上げてます!

 

何度も言いますがこの季節の銭湯は最高です!!

 

皆様も是非、お近くの町の銭湯に足を運んでみてください。

 

最近はコロナの影響で外で飲むことをやめたので、自宅で飲むことが多くなり僕はウイスキーをボトルで買うことにハマっております。

 

むしろコロナが終わっても変わることはなさそう.....

 

宅飲みは気軽で自分の時間で好きなお酒が飲めるので良いですよね〜

 

僕はウイスキー初心者中の初心者ですが、Silver moonでウイスキーにどハマりして月一本ボトルを買うことにしました。

 

www.nukabukuro.jp

 

今月はどれを買おうかな〜と品定めしていたところ、あらゆる情報から安くて美味いと高評価だったニッカウヰスキー製造のフロム・ザ・バレルに目星をつけました。

 

 
しかし。
 
ウイスキー好きの方はご存知だと思いますが、フロム・ザ・バレルは品薄でなかなか定価で手に入らないと言われています。
 
スーパーなどで定価で売っているという情報で、僕は比較的田舎の方に住んでいるので『流石に売っているだろう』と思っていましたが。
 
 
探せど探せど見つからない!!
 
 
今月の一本に決めていたのであらゆる酒屋、スーパーを回って探しましたが見つからないので、今月は別の一本にシフトチェンジしました。
 
それがこちら。
 
 
f:id:nukabukuro:20201112013953j:image
 
 
シーバスリーガルミズナラ
 
そうです。
 
シーバスを釣りました!
 
ちなみにシーバスリーガル12年は僕が初めて買ったボトルのウイスキーです。
 
 
 
 
そのときは美味しさも分からず...
 
残ったボトルを友人宅に置いていたのですが、最近その友人宅で飲んでいた時に久々に飲むと美味しくて、気になっていたミズナラを買いました!
 
 
f:id:nukabukuro:20201112014248j:image
 
 
綺麗な色ですね。
 
 

ミズナラとはなんぞや?

 
調べると『ミズナラ』とはドングリのなる落葉広葉樹、楢(ナラ)の木の一種のようですね。
 
ナラと聞くと、キャンプで焚き火をする時に使う薪でよく聞いていたので変な親近感が湧きました。
 
ミズナラ樽を初めてウイスキーの熟成に使用したのはサントリーで、第二次世界大戦にともないシェリー樽の輸入が困難になった時にシェリー樽の代用品として作られたそうです。
 
つまりジャパニーズウイスキーの象徴と言ってもいいのかもしれませんね!
 
ミズナラ樽の特徴としては白檀(びゃくだん)伽羅(きゃら)などの香木を思わせるオリエンタルな香りだそうですが、白檀伽羅と言われても僕はあんまりピンとこないですが、お線香にもよく使われる香りなので、お線香をイメージするのがしっくり来ますね。
 
そんな僕はお香やお線香の香りが大好きです。
 
僕の常備しているお香はこちら。
 
 
 
 
そんな前情報はさておき。
 
 
まずはテイスティング
 
ストレートで飲んでみましたが、オリエンタルな香りは感じず、バニラの様な甘さがガツンと来ました。
 
ファーストインプレッションは『思ってたのとちゃうなぁ〜。』
 
すごくフルーティーな甘さで飲みやすい印象。
 
次にロックでいただきました。
 
 
f:id:nukabukuro:20201113022037j:image
 
 
とにかく飲みやすい!!
 
 
確かに多くのウイスキー愛好家の方がウイスキー初心者に勧める一本と言うぐらい、飲みやすい!
 
洋梨のケーキを食べてるかのように甘くて優しい味わいですね。
 
お次はハイボール。
 
 
f:id:nukabukuro:20201113022325j:image
 
これまた綺麗な色!
 
 
これはハイボールでも美味しいですね!
てかロックとかよりもハイボールが良さそうだと個人的に感じました。
 
 
 
 
 
 
正直、知識不足だったので『シーバスを釣りました!』とか言っときながら、ミズナラ樽を感じられると名前だけで僕がシーバスリーガルに釣られました。
 
調べると仕上げにミズナラ樽を使っているだけなので、実際飲んでみるとオリエンタルな香りはなく、とにかく甘さを感じましたね。笑
 
勉強不足です!!
 
ますます山崎、響を飲んでみたくなりました。
 
今後は定期的に超絶初心者のウイスキーレビューもしていこうと思いますので、皆さま寝酒でも飲みながら『ケツが青いなコイツ』と温かい目で見てやってください。
 
超絶初心者のウイスキーレビューウイスキー超絶初心者の僕が、僕なりにウイスキーをレビューするというおこがましいコーナ。(暖かい目で見てやって下さい!)
 
 
 

シーバスリーガル12年をベースに、名誉マスターブレンダーのコリン・スコット氏が日本のファンのために作った特別な製品です。原酒をブレンド後に日本原産のミズナラ樽で寝かせることにより、白檀などの香木のような甘い香りをまとっています。

フルーティーで爽やかな香りとナッツの芳香にミズナラ由来のまろやかな甘さが加わって、全体的に繊細でなめらかな味わいに仕上がっているのが特徴です。シーバスリーガル12年と同様、飲みやすくスムースな飲み心地なので初心者にもおすすめ。

スコットランドの伝統と和テイストが融合した本製品は和食のお供にもぴったりです。シーバスリーガルの銘柄の中では強めの甘みを感じられるため、甘い風味が好きな方におすすめします。

 
 
では本日はこの辺で。
 
一曲はこちら。
 
Nobody Move, Nobody Get Hurt-Yellowman
 
 
 
-次回-
 
遂に見つけたFTB!!
 

 

お楽しみに!
 
 
 
 

 

 

 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

御朱印道【番外編】


皆様、こんばんは。そしてお疲れ様です!

 


10月も残すところあと僅か。

2020 年悔いがないよう奮闘中。

 


では、本題へ。

 


昨日UPしたブログの続きでもありますが、せっかくの遠出なので御朱印も頂くことに致しました!

 

 

www.nukabukuro.jp

 


初日は、淡路島を堪能するべく

我を忘れ、ひたすら遊び惚けた1日。

 


二日目は、少し背伸びして

神社巡りと美味しいものを食べるをモットーに行動しました。

(初日と変わらんか。)

 


2日目の朝も早い。

旅館の朝食をと。

 

f:id:nukabukuro:20201030021236j:image


いや、朝から豪華

食べれるかどうかと思いきや、ペロリと完食!

美味しく戴きました。

 

ご馳走様でした。


荷物をまとめ、旅館チェックアウト。

ありがとうございました!

 


近くのコンビニで今日の予定を入念にチェック。

飲み物を買って外に出ると、これまた大胆に爆睡している猫を発見。

 

f:id:nukabukuro:20201030015809j:image


緊張感がないというか、なんというか。

自由やなぁ〜と。

 


そして行き先は“石屋神社”というところに。

宿泊旅館からは、車で約30分。

 


それでは、let's go!

 

f:id:nukabukuro:20201030015859j:image


はい、到着。


この日も非常に天気が良い!

 


石屋神社とは

淡路島の北端、淡路市(旧淡路町)に鎮座する神社。

淡路で最も古い神社のひとつです。

 

f:id:nukabukuro:20201030021331j:image


淡路島には太陽 神を信仰する地と感じる神社が多くあるそうで、この石屋神社も太陽の道筋を考えて作られた神社のようです。

 

f:id:nukabukuro:20201030021359j:image


春分・秋分の日には、社殿で鳥居の中央から昇る日の出を見ることが出来ます。


さすが、太陽の道筋

 


ご祭神は、

國常立尊(くにとこたちのみこと)

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

 


国生み神話に出てくる神様として知られる

伊弉諾尊、伊弉冉尊は、日本の数多くいらっしゃる神様をお産みになられた神様です。

 


歴史ある石屋神社のあとは、

腹ごしらえ。

 


北から南、端から端まで移動しました。

 

f:id:nukabukuro:20201030021504j:image


うずの丘 大鳴門橋記念館にある

淡路島オニオンキッチンでバーガーを頬張り、腹ごしらえ完了。

 

淡路島の特産物や玉ねぎUFOキャッチャーなどがあり、僕はその中でもオニオンTシャツが気になりましたが相方に止められ、欲しい気持ちを抑え込み、断念。

 

そう言えば、途中で謎の大仏⁉︎を見かけました。

 

f:id:nukabukuro:20201030021524j:image

 

なんやあれは?

 

調べてみると...

元々は観光施設で、正式名称は「世界平和大観音像」だそうで、高さは5階建ての台座部分を含めると、約100メートル。

 

f:id:nukabukuro:20201030021733j:image

 

不動産会社を経営していた男性が昭和57年に観光施設として建設。

内部は展望台を備え、絵画など自身のコレクションを展示していた。

 

なんという大富豪っぷり。

現在は、相続者がおらず事実上持ち主不在のシンボルと化している。

 

過去に競売にかけられたこともあったが、入札参加者がなく現在に至るそうです。

 

まぁ、気を取り直して

南に向けて移動します!

 

少し、雨が。


向かう先は、


淡路國一之宮 伊弉諾神宮

 

f:id:nukabukuro:20201030022028j:image


伊弉諾神宮とは

淡路市多賀に鎮座する神社。
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀る日本最古の宮です。

境内は国生みに始まるすべての神功を遂げた伊弉諾尊の神宅の旧跡と伝えられており、他にも余生を過ごすための屋敷を意味する幽宮(かくりのみや)とも呼ばれているそうです。

 


他の神社とはまた違った神聖な雰囲気を醸し出しています。

 


境内社として根神社・竈神社・鹿島神社・住吉神社・岩楠神社があり、

岩楠神社は「夫婦の大楠」の根本にあり、子授け・安産の神として信仰されてると。

 

f:id:nukabukuro:20201030022104j:image

f:id:nukabukuro:20201030022113j:image


時代を遡れば、様々なことが分かってきます。


そんな歴史深い伊弉諾神宮の御朱印がこちらです。

 

f:id:nukabukuro:20201030022211j:image
f:id:nukabukuro:20201030022208j:image


やはり、歴史は知れば知るほど奥が深く

とても興味深いことばかりです。

 


少し学問的になってしまいたね。

(ついつい話が長くなってしまいます。)

 


最後に、タコの丸焼きを食して

今回の淡路旅行を終わりにしたいと思います。

 

f:id:nukabukuro:20201030022305j:image

 


食べては、行動する。

食べては、行動する。

を繰り返した結果、自宅に着いてすぐ眠りについていました。

 


本日もご愛読ありがとうございました!

 


それでは、ホットな一曲。

 


The Spinners - It's a Shame (Soul! 1973)

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

教えたいけど、教えたくない店

 

 

 

時刻は12時を過ぎた頃。

 


週末の仕事を終えて疲れ切った身体のままいつものメンバーであの場所に集合した。

 


賑わう繁華街とは違い、街の喧騒から少し離れた一軒のウイスキーBar。

 


Silver moon

 

f:id:nukabukuro:20201020012643j:image

 


以前にも何度かちらっと紹介していたが、いつも共に行動している友人が連れてきてくれたのがきっかけで、僕がウイスキーを覚えたのもこのお店で、ウイスキーを美味しいと思わせてくれたのもこのお店だ。

 


薄暗い階段を上り、重厚なウッドのドアの隙間からレトロで温かみのあるオレンジの光がSilver moonへと導く。

 


ドアを開けるとカランカランと音がなり、まさに店のムードに合った、『いらっしゃいませ』をいただき席に案内される。

 


カウンターが数席と4人掛けのテーブル席が数席。

 


店内はジャズが流れており、薄暗いというよりはムーディーでどこか異国感じる雰囲気。

 

f:id:nukabukuro:20201020012706j:image

 


我々は3人だったので4人掛けのテーブル席に案内される。

 


各々好みのドリンクを注文する。

 


僕の一杯目はジントニックだ。

 

 


もちろんビールも好き。

ここで飲むハイネケンは一味違う感じがする。

 

 


ハイボールもありだ。

 
なんせ一杯目はある程度の爽快感が欲しくなるので、ウイスキーロックとはいかない。

 
そこでたどり着いたのがジントニックというわけだ。

 

すっきりした口当たりに香るライム、少し苦さもあり、しつこくない甘さが一杯目にもってこいだ。

 


バーテンダー曰くジントニックカクテル作りの基本のキだと言われているほど、レシピはシンプルだが、素材や手順のかけ方で味が変わるので作り手の力量による部分が大きく、バーテンダーの技術が試されるカクテル

 


つまりジントニックでそのバー、バーテンダーを評価してもあながち間違いではない。

 


僕ごときが試しているつもりはサラサラないが、この場所で飲むジントニックが好きだ。

 


たわいもない話をしながらグラスを傾ける。

 


一杯目が終わり、二杯目のチョイスに悩む

 


なぜなら最近ウイスキーを家でも楽しもうと、いくつかボトルを購入しているが、ボトルを買う前に試飲するのは決まってここだからだ

 


一杯目がすっきりしていたので二杯目は少し甘さも欲しく、バランタイン12年グレンリベット12年マッカラン12年このあたりにしようかと悩んだ。

 

 

 

 


しかーし!

 


少しスモーキーでありながらも爽やかな柑橘香もあるボウモア12年をロックを注文。

 

 


僕は途中で加水するのが好みなのでチェイサーも注文する。

 


琥珀色の液体がやけに綺麗に感じる。

 


少しずつ少しずつ大事に飲みながら、煙草と一緒に愉しむ。

 


あれ、俺っていつからこんなに大人になったっけ!?

と錯覚するような状況に陥る。

 


半分を過ぎた辺りで少し加水し、香りがさらに開いたボウモアを片手にジャズに酔いしれていたところで。

 


バーテンダーさんが、『本日イベントで来られているニューオーリンズのピアノアーティストの方が帰る前に一曲弾いてくださるようですので、是非楽しんでいってください。』

『特別ですよ。』と告げに来た。

 


その方は泉沢果那さんというニューオーリンズピアノのアーティストの方で名古屋からライブで来られていた。

 

f:id:nukabukuro:20201020012721j:image

 


本来ならお金を払って見ないといけないのに、ラッキーなことに2曲ほど演奏していただけた。

 
しかも我々の席のすぐ近くにピアノがあったので最前列で。

 

ちなみにSilver moonではジャズのライブなども開催していることは知っていたが、このピアノはオブジェだと思い込んでいた。笑 (すみません。)

 

f:id:nukabukuro:20201020012742j:image


ニューオーリンズ音楽というジャンルを聴いたのも初めてで、しかもその初めてがプロの方に生で、しかもこの場所で。

 


幸運です。

 


ピアノの繊細でいながら力強い音色とウイスキーのスモーキーさが相まってなんとも言えない気持ち良さを感じた。

 


なかでも印象に残っているのは、泉沢さんが演奏後に、『あー楽しかった』と漏れるようにとおっしゃっていたこと。

 


プロのアーティストとして、まず楽しむことを忘れてはいけないのは本人なんだと。

それが見ている人を楽しませることに繋がる。

 

その一場面を見た気がした。

 


次は1月にまたライブされるようなのでタイミングがあえばぜひ行きたいなと思わせられた。

 


そしてSilver moonを後にして帰路についた。

 


近くの商店街の街頭がやけに眩しく感じた。

 


明けない夜はないけど、明けて欲しくない夜もある。

 

そんな夜だった。

 

 

なんかエモくなってすみません!!

 

 

I Wont't Cry -Johnny Adams

 

youtu.be

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

朝の陽気~木との戯れ~

 

皆様、おはようございます。

 


ぬか袋のブログのお時間です!

 

f:id:nukabukuro:20201018010613j:image

 

時刻は、7:01。

7:00ではなく、7:01。


その日の朝は、いつもより早起きしました。

なぜかと申しますと。

 


休日お馴染みのモーニングを満喫するためでございます!

 


さて、今日はどこに行こうかなと。

候補は二つ。

 


一つは、京都市南区の吉祥院にある【喫茶orange】

 


もう一つは、京都市南区の東寺周辺にある【コロラド】

 


どちらも捨てがたい。

 


西に向かうか、東に向かうか。

まぁとりあえず家を出ましょうか!

 

f:id:nukabukuro:20201017174846j:image


結果、西に向かいました。

【喫茶orange】

 
f:id:nukabukuro:20201017174920j:image


昔ながらのという感じでとても良い雰囲気。

居心地も抜群に!

 

f:id:nukabukuro:20201018000445j:image


そしてきました!

安定のバタートースト&ブレンドコーヒー 茹で卵を添えて。

 

うん、いい。


朝のひとときを過ごすには丁度いいです!

 


場所は、少しわかりにくいかもしれませんが

車通りの多い国道171を逸れたところ。

 

 

その立地がまた堪らない。

 


高校時代、サッカーの練習場でよく通ってた道。

まさかこんな出会いがあったなんてね!

 


ここは定期的に通いたいところ。

 


それでは、本日のメインに参りましょう。

 

f:id:nukabukuro:20201018000543j:image


そうです。

久方ぶりの【DIY】です!

 


ホームセンターにて、資材を購入。

 


・2×4の木を二本。

・集成材910×150を三枚。

・L字金具を6個。

・LABRICOを二つ。

 


正直、しっかり立つのかは不安です。

まぁ物は試しでしょう!

やっていきます。

 


まずは、色塗りから。

前回購入したOIL-STAIN(オールナット)で塗装。

 

 

f:id:nukabukuro:20201018000603j:image


うん、いい。

 


では、

柱を立て。

 


L字金具を装着。

 

f:id:nukabukuro:20201018000627j:image


集成材とジョイントをかまして。

 

f:id:nukabukuro:20201018000640j:image


はい、完成。

 

ん〜、何かが違う。

 


・・・・・・・・・。

 


!!!!

 

f:id:nukabukuro:20201018000701j:image


集成材にも塗装を施しました。

 

うん、いい。

 


割と安定もしており、初めての棚作りとしては上出来ではないでしょうか!

 


夢中になりすぎて、ほとんど記念すべき写真が撮れていなかった。

ショック。

 


なにがともあれ、無事に完成したので安心。

 


今後は、この棚の彩りに花を咲かせようと思います!

 


本日もご愛読ありがとうございました。

 

 


そんな、今日の一曲。

 


Gottz - Neon Step ft. Yo-Sea, Neetz

 

では、またお会いしましょう。

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ