ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

朝の銭湯もまた良きかな【朝風呂】


皆さまこんばんは。

 
ぬか袋のお時間です。

 

 

梅雨はもう終わったのでしょうか?

 


『もう夏なのか?』というような暑い日が続いておりますが、夏バテしないように今からクーラーをつけたり、冷たいものを食べすぎたりしないように気をつけないといけませんね。

 
僕は定期的に銭湯で夏の暑い日でも熱い風呂に入って、サウナで修行しているのでなんとか毎年夏を耐え抜いています。

 

しかし京都の夏は独特な湿気があり、不快です。

 
いつもは一日中仕事で汗をかいて1日の締めの夜に銭湯に行くことが多いですが、先日は久しぶりの朝銭湯に行ってまいりました!

 

 

 

朝銭湯

 

 

最後に行ったのは何年前だろうか?


と、いったぐらい朝の銭湯に行くのは久々でした。

 

京都の銭湯は土日のみ朝風呂を行っているところが多くあるので選択肢には困りません。

  • サウナの梅湯  (土日 6:00〜12:00、14:00〜26:00)
  • 旭湯(南区)   (日曜 8:00〜24:00)
  • 鴨川湯     (日曜 8:00〜22:00)
  • 観月湯     (日曜 9:00〜24:00)
  • 五香湯     (日曜 7:00〜24:00)
  • 小町湯     (日曜 7:00〜25:00)
  • 白山湯     (日曜 7:00〜24:00)
  • やしろ湯    (土日 6:00〜25:00)
  • 山城温泉    (日曜 8:00〜24:00)
  • 船岡温泉    (日曜 8:00〜25:00)


上記の銭湯は土日両日もあれば、土日どちらか朝風呂を行っています。

 
ちなみに僕の朝銭湯デビューはサウナの梅湯でした。

 
確か学生時代に朝方まで遊んで、そのまま銭湯に行ったのが初めての朝銭湯で、朝からさっぱりして気持ちよかった思い出があります。


その時の思い出は薄れてしまっているので、『また体験したい!』と思って今回向かったのはいつもお世話になっている小町湯

 

夜は毎週行っているので、推し銭湯の中の一軒です。

 

朝からあの強烈に熱いサウナに入ったらどうなんだろうか?

 

という疑問で決めました。

 

朝風呂準備

 

 

f:id:nukabukuro:20210614165746j:image

 


小町湯の朝風呂は日曜日の7時から。

 
前日の夜はなかなか寝れずに結果、寝不足で起床。

 
いつもならここで朝シャワーを必ず浴びないと嫌なのですが、服だけ着替えて歯も磨かず、顔も洗わず小町湯に向かいました。

 

早くさっぱりしたいぜ!!

 

そんな気持ちを抑えながら車を走らせました。


その日は曇りの予報だったのにも関わらず、朝からかなり晴れていて暑い。

 

寝起きだったのでこの暑さがまたキツい!

 

 

f:id:nukabukuro:20210614165819j:image

 

小町湯到着!

 

 

朝風呂の立ち回り

 

f:id:nukabukuro:20210614165847j:image

 

番台にはいつも夜にいるおばちゃんとは違う人が座っていた。

 

支払いを済ませ、すぐさま服を脱ぎ捨てて浴室への扉を開けた。


お客さんは他に40〜60代の方が4名ほど。

 
どういった目的で朝風呂に来ているのかは分からないが『夜勤明けの疲れた体を癒すため』であったり、『休日の充実した1日の始まりのため』に銭湯に来ている人もいるはず。

 
いつもは夜の時間帯に来ているので、陽の光が差し込む小町湯を見たのは初めてだった。


光が反射して輝いているタイル、陽の光が当たった水面はゆらゆらと綺麗に揺れていた。

 

朝の小町湯もまたいいなぁ〜

 


銭湯は夜と昼で違えば朝もまた変わって見えるのが面白いですね。

 

特に天井から光が入ってくるタイプの銭湯は表情が全然違います。

 


まずは身体を清めて歯を磨く。

 
そして夜に行く時と同じ立ち回りで初めに薬湯に浸かった。

 
寝起きの不快感と寝不足のダルさが一気に吹き飛ぶ。

 
次は露天風呂へ。

 
日差しが強くていつもより熱く感じる。

 

身体がお風呂に浸かってリラックスするとともに、光合成しているような感じだった。

 
2つのお風呂にゆっくりと浸かって身体を温めた後はサウナへ。

 

朝風呂の洗礼

 

f:id:nukabukuro:20210614170006j:image


町の銭湯のサウナは熱さにムラがあるところが多い。

 
『熱いと感じる日』もあれば『めちゃくちゃぬるい日』もあったりすることがあるが、小町湯はいつ行っても熱さの基準レベルが高い。

 

サウナ内の温度計は90℃にも到達していないが、体感的にあれで90℃を超えていないのはあり得ない。

 
それに加えて、特有のムラがある時はあり得ないぐらい熱い。


かなり通って来たが、『今日は熱くないな』なんて日はなかった。

 

いつも疲れ切った身体を一気にリフレッシュさせてくれる。

 

考え事や悩み事がある時に行くと、そんな事を考えられないぐらい熱くて、上がると頭が自然と整理されている。

 

いつも本当にお世話になっています!

 

とうい訳で、朝はどうなのか?

 

皆さん気になりますよね?(ならんか。)

 

 

朝も変わらずめちゃくちゃ熱くてキツかったです!!笑


夜と同じセットの5分・8分・8分の3セットを行いましたが、いつもよりキツくて逆に疲れてしまいました。

 
なのでやりすぎは良くないということですね。

 
自分の身体と相談してその日にあった立ち回りが必要だと学びました。

 

あと、起床直後は1日でもっとも体温が低く、血圧も下がっている状態なので熱いお風呂やサウナに入って急激に血圧が上がるのは危険ですので少しづつ様子を見ながら入りましょう!

 
2セット終了して脱衣所で休憩してると、いつも夜に番台に座っているおばちゃんが恐らく裏の家と繋がっている扉から出てきた。

 

 

お、珍しいやん。
おはようさん。

 

こんば、おはようございます!!

 


夜に行く時はいつも『こんばんは!』とおばちゃんに挨拶することから始まるので、その癖で『こんばんは』と言いそうになってしまった。

 

と言うわけで久々の朝風呂は気持ちよかったですが、寝不足、天気の良さにやられて少し疲れてしまいました。

 

 

帰宅後、めちゃくちゃ深い昼寝をしました。 

 

皆さまも休日の良いスタートに近くの町の銭湯で朝風呂はいかがでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

本日の一曲はこちら。

 

Instant Karma!-John Lennon

 

youtu.be

 

 

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

サウナ苦手克服法

 

 

皆さまこんばんは。

 
ぬか袋のお時間です。

 


緊急事態宣言延長の今、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

馴染みのBARにはまだしばらく行けそうにありません。。

 

 
そんなストレスの溜まる今、僕のストレスの捌け口は銭湯です!

 


皆様、サウナはお好きですか?

 

 

f:id:nukabukuro:20210513161304j:image

 


大きなお風呂は好きやけど、サウナは苦手という方いますよね。

後、水風呂も苦手という方もいますよね。 

 


僕の友人にもいます。

 

正式にはいました”


サウナが苦手だった友人をサウナ好きに変えたことがあります!

 
そんな本日は、サウナ苦手の方にサウナの克服方をご紹介します。

 

あくまで僕の自論ですので、真似される方は自己責任でお願いします。

 

   

サウナ苦手の友人

 

f:id:nukabukuro:20210513161405j:image

 


ちなみに僕は中学生ぐらいで既にサウナに対する免疫はあり、苦手意識は全くありませんでした。

 
学生時代、数人で銭湯やスーパー銭湯に行くことがあり、その日はスーパー銭湯に行きました。

 

銭湯仲間と行くときは何の問題もありませんが、その日は銭湯仲間以外の友人もいました。

その友人は付き合いでサウナには入るけれどすぐに出たがる、出て行ってしまうほどサウナが苦手でした。

 

その日訪れたスーパー銭湯は熱したサウナストーンにアロマ水をかけて蒸気を立ちめぐらせる『ロウリュ』のサービスを行っており、決められた時間にスタッフの方が大きな団扇で仰いでくれる『アウフグース』も行っておりました

 

それが目当てで普段行かないスーパー銭湯に行ったと言っても過言ではありません。

 

お目当てのロウリュが始まり、サウナ苦手の友人は根性で僕らのペースについてきていました。

 

サウナ慣れしている僕でもアウフグースはキツく、終わるとすぐに水風呂に向かいましたが、その友人は水風呂も苦手だったので脱衣所の方に向かって行きました。

 

僕と他の友人は水風呂から上がって、外気浴スペースで喋っていると、サウナ苦手な友人が帰ってきていないことに気が付きました。 

 

あいつ帰ってきてなくない?

 

あれ、ほんまやな。
どこ行ったっけ?

 

脱衣所に向かって、そのままトイレに入ったのは見ていたので。

 

トイレ行ってたし、腹でも痛いんちゃうかな?

 


そんな会話をしていると、顔面蒼白の友人が帰ってきました。

 

遅かったな。
どこ行ってたん?

 

 

トイレ入って気がついたら天井向いて倒れてた。

 


一時的な脱水症状みたいになり、気を失っていたそうです。

 

その後、十分な水分補給と休憩をしたので大事には至りませんでしたが。

 

サウナも苦手で水風呂にも入れない。


今考えたら相当危ないことをしていたなと思います。

 
無理強いをした訳ではなく、体育会系の根性でついてきていました。

 

サウナが苦手な人を無理矢理サウナに誘うのは非常に危険ですので、絶対にしないように!!

 
そんな危険な思いをした友人は今、僕と普通に銭湯に通える程サウナに対する苦手意識を克服しました。

 

そんな思いしたら普通、サウナトラウマだろ。

 

 

サウナの効果

 

そこまでしてサウナに慣れる必要ある?
好きな奴らだけで楽しめば?

 
たしかにそう思いますが、サウナに入ることによるメリットがあります!

 

f:id:nukabukuro:20210513161434j:image

 


サウナに入ることによって、急激な温度の上昇で血流が良くなり、循環器呼吸器心血管の働きが促進される他、免疫力が上がると言われております。

 

血流が良くなることで、溜まっていた老廃物疲労物質が排出され、細胞に栄養と酸素が行き届き、傷ついた細胞は修復されます。

 
サウナに入る人は、そうでない人と比べて約50%も風邪にかかる率が低くなるという研究結果も出ているそうです。

 
またサウナの後に水風呂に入ることで、交感神経が刺激され自律神経をも整えてくれます。

 
もちろん健康だけではなく、大量の汗とともに排出される老廃物疲労物質シミの元になるメラニン色素や肌荒れなど美容にも効果的です。

 

 

医学的にはそうかもしれないけど実際にどうなの??

 


僕は約2日に1回のペースで銭湯に行きます。

もちろんサウナには3セット入るようにしていますので、その体験談から実際にどうなのかをご紹介します。

 


まずは、風邪という風邪はいつから引いてないか分からないぐら引いておりません。

 

そして、お酒を結構な頻度で飲みますが、健康診断では基礎代謝が高く、健康体。

(体質もあるかも知れませんが。)


目立った肌荒れもありません。

 

健康面でも良い影響を与えてくれますが、僕がサウナに入る一番の理由はリラックス効果です!

 

仕事や私生活で少し気持ちが落ち込んでいる時ストレスが溜まっている時に熱いサウナで大量の汗をかいて、水風呂に入ることで一気にリラックスできます。

 
サウナは心も整えてくれます。

 

僕がサウナに入る理由は、これが大半を占めています。

 

 

サウナに何度助けられたか。。

 

またアイディアなどもサウナで湧いたりしますので、頭の中を整理したい時にも効果的です。 

 

 

サウナ克服方

 

 

f:id:nukabukuro:20210513161458j:image

 


では実際にサウナを克服する方法をご紹介します!

 

何度も言いますが、あくまで自論ですので真似される方は自己責任でお願いします。

 

大きく言えば入る前の準備座る場所がポイントです。

 

 

何事も準備ってか?

 

 

  • ポイント①

 

 入る前にはなるべく身体を冷やしましょう。

これだけでサウナ内で熱さを感じない無敵時間が長くなります。

 
どこの銭湯も一瞬で身体を温めるところはなく、徐々に身体を温めてくれます。


なので冷気のアーマーを身につけることで、2分ぐらいはさほど熱さを感じなくなります。

 

じゃあ水風呂入れない俺はどうしたらいいの?

 


露天風呂がある銭湯では露天風呂で外気を浴びる。

露天風呂がない銭湯は脱衣所で身体の粗熱を取ることをお勧めします。


銭湯の脱衣所は大体、涼しくしてくれています。

冷房がなくても、扇風機は大体の銭湯にありますので扇風機の風を浴びるなどで冷気のアーマーを手に入れてください。

 

 

  • ポイント②

 
入る前に手足だけでも水をかける。

 
全身水風呂に入るのが苦手でも手足に水をかけるぐらいはできると思いますので、手足に軽く水をかけて冷やします。

 
これだけでも少し気持ちは楽になると思います。

 

全身に水を浴びる方は水気をなるべく拭き取ってサウナに入りましょう!

 

 

  • ポイント③

 
サウナに入る前にタオルを水で締める。

 
サウナに入る前に水風呂の水を桶に入れてタオルをしっかりと冷やします。

 
少しだけ水を含んだ状態にしておき、これをサウナに入って首に巻くか、頭にかける。

またはギャングのように口を隠すように巻く。

 

これだけでも楽です!

 

サウナ内でタオルを絞る行為は止めましょう!!
故障や異臭に繋がります。

 

 

  • ポイント④

 

ポジション!!

 

つまり、サウナのどこに座るかはかなり重要だと思います。

 

何度か行かないと分からないところもありますが、ひな壇式のサウナでは下段の方が温度が比較的低いです。

 

だいたい一段上がるだけで温度が10度上がるとまでも言われているので、初心者さんはまず下段に座りましょう。

 
そして、これは完全な自論かもしれませんが扉に近い方が他の方が入ってくるたびに扉が開くので一瞬熱気が外に逃げて、一時的ですが楽になりますのでこの場所もおすすめです。

 
なので、下段の扉に近い場所

 

ヒーターが見えているサウナでは扉に近い場所が一番ヒーターから離れていることが多いので、バラエティ番組に例えるとメインMC(ヒーター)から1番離れた前列の端。

 

声が大きかったり、動きのある芸人さんが座る場所を押さえましょう!

 

 

上記に加えて

 

  • 無理は絶対にしない!
  • 初めは時間に囚われずに温まったと感じたら退出する!
  • 休憩と水分補給は小まめに!

 

これを守れば次第に慣れて、快楽へと導いてくれます。

 

僕の友人も今では苦手だった水風呂にダイブしております。

 

 

何事もやりすぎはよく無いのでほどほどに!!

 

 

ストレス社会と戦う戦士の休む場所は銭湯に有り!!

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

 

 

 

 

では本日はこの辺で。

 

All Along-Theo Lawrence & The Hearts

 

youtu.be

 

   

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

町の銭湯で”ととのう”

 


皆さまこんばんは。


ぬか袋です。

 
GW最終日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 
関西は生憎の雨で、自宅でゆっくりされる方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな最終日、明日への活力として銭湯に行くのはいかがでしょうか?

 

サウナブーム

 
先日、こんなことがありました。

 
僕の元同僚の人が最近銭湯にハマりだしており、SNSに銭湯の写真を投稿するようになりました。

 
その中に僕の推しの銭湯も投稿されており、酷評されてました。。

 

こじんまりしていて、少し『うーん』って感じ。
外気浴もできないし。

 

待ってくれ!!
町の銭湯の良さはこじんまりしてるところだろうが!!

 

 

とコメントでツッコミたくなりましたが、抑えました。

 


恐らく近年のドラマ『サ道』で起こったサウナブームでサウナを好きになったのが始まりだと思います。

そこから近くの町の銭湯にも行くようになったのだと思われます。

 

f:id:nukabukuro:20210505141158j:image

 

その行動は素晴らしいですが、このサウナブームの感覚で町の銭湯に行くと満足は出来ないかもしれませんね。

悪く言っているわけではありません!

 

僕も『サ道』はスペシャル回含めて全て観ております!!

 

 

 

 
スーパー銭湯やサウナ施設と町の銭湯を比べると、どう考えても施設的に差があります。

 

 

そもそも外気浴ができる銭湯なんて限られてるし。
広い銭湯も限られてる。

 

 

 

 

 金山湯 

 

f:id:nukabukuro:20210505141218j:image


先日、夕方前ぐらいから銭湯に行きました。

場所はどこでも良かったのですが、比較的空いていた『金山湯』に行きました。

 

 
この銭湯に良いところは掃除が行き届いてて綺麗な浴室内。

 
お風呂は4種類。

 

  • 浅風呂ジェットバス
  • 深風呂
  • 電気風呂
  • 薬湯

 プラス『ドライサウナ』というこじんまりした町の銭湯です。

 

 

町の銭湯での”ととのい”方

 

f:id:nukabukuro:20210505141242j:image

 

僕は”ととのう”という表現は正直あまり使いたくないですが、あえてここでは”ととのう”という表現を使います。

 

ちなみに銭湯における”ととのう”という表現は”キマる”と表現しています。

 

町の銭湯での”ととのい”方を『金山湯』でご紹介します。

 


まずは身体を清めて深風呂に肩までしっかりと浸かります。

温度は高めなので入りきるまでは結構熱いですが、入ってしまえばかなり気持ち良いです。


しっかりと身体を温めてから、次は薬湯に向かいます。

ここは先程の深風呂よりも温度は低め。

 
この日の日替わり湯はラベンダー&ジャスミン。

 

濃い紫色のお湯で豊かな香りが鼻から脳まで突き抜けました。


身体の力が抜けるようなリラックス感。

 

たまらんなぁ〜

 

思わず口に出してしまいそうになります。

 


そして、ここで一度身体を流して、水気を拭き取りサウナへ。

 
サウナはドライサウナなので、しっかりと温めてくれます。

サウナ内でゆっくりとストレッチなんかも良いですよ。

 


まずはアップがてら5分から7分

手の甲、足の甲まで汗が出てきたらしっかりと温まった証拠。

 


サウナから出て、汗を流しますがここがポイント!

 

サウナでかいた汗の流し方ですが、水風呂でかけ湯やシャワーで流される方が多いと思います。

 

しかし、僕はその銭湯で一番熱いお湯でかけ湯します。

 

 

つまりサウナで溜め込んだ熱を水風呂に入る瞬間まで溜めておくのです!!

 


金山湯の場合は深風呂が熱いので、その湯でかけ湯をします。

場所によって違うと思いますので、最初に入って決めるのが良いかと思います。

 


そして水風呂へ。

 
水風呂でしっかりと身体を冷やして、すぐにサウナに戻るのではなく、水気をしっかりと拭き取り、人の邪魔にならない場所に腰掛けて内気浴をします。

 

内気浴


僕は元々、『町の銭湯レペゼン』なので外気浴なんて文化は知りませんでした。

 
呉竹湯に通っていた時はサウナ→水風呂→脱衣所で休憩これがルーティンだったので、元から外気浴がなくても”ととのって”いました。

 
『外気浴』とは読んで字の如く、外の空気に直接触れることで、自律神経を整えたり、セロトニンの分泌を促し、ストレス軽減、集中力向上を手助けしてくれます。

 
対して『内気浴』とは『外』ではなく、『内』つまり施設内ということです。

外気浴は季節によってはすぐに身体が冷えてしまうことがありますが、内気浴は比較的どのシーズンも変わりない温度です。


僕のおすすめは水風呂の近くの浴槽の縁に腰掛けて、打たせ湯なんかがあればその音に集中しながら目を閉じて身体が少しずつ常温に戻っていくのを感じる。

 

ポーズはこれです。

 

f:id:nukabukuro:20210505141046j:plain

 

 
これを3回繰り返せば”ととのい”ます!!

 

再度、立ち回りを整理すると。

 

  1. 身体を清める。
  2. 数種類のお湯に浸かってしっかりと身体を温める。
  3. 水気を拭き取りサウナへ。
  4. じっくりと身体温める。(手足の甲に汗を目安に。)
  5. サウナでかいた汗をできるだけ熱いお湯で流して水風呂へ。
  6. 水気を拭き取り、浴槽の縁または邪魔にならないところに腰掛ける。
  7. 体の温度が戻るまで休憩する。

 

これを繰り返して、上がってからポカリを飲めばこれでバッチリです!

 

 

しっかりやればポカリの味が濃く感じます!!
これが俗に言う”キマった”状態です。

 

強要するつもりは無いですが、是非一度試していただきたいです。

 

 

もちろんスーパー銭湯サウナ施設を悪く言うつもりはありませんが、スーパー銭湯、サウナ施設からハマった人に『町の銭湯は微妙』と思われるのは悔しいので、町の銭湯でも”ととのえる”ことを知って欲しいですね。

 
とにかく、サウナブームでファッション感覚で『銭湯の文化』を切り取って欲しくないです。

 
銭湯とは小さなコミニティーであり、学び場であり癒しの場。

 
これがたった450円。(京都府の値段。)

 

 

安すぎる。。

 

 
皆さんもお気に入りの『町の銭湯』を見つけてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


それでは。

 

On And On-Curtis Harding

 

youtu.be

 

 

 

www.nukabukuro.jp

www.nukabukuro.jp

 

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

レトロな銭湯を愛して

 


皆さまこんばんは!

 


ぬか袋です。

 


寒暖差がえぐいですが。

 

皆さま銭湯行ってますか!?

 


僕が住んでいる京都では昼間は暖かかったのに夜には雪が降ったり。

冬が悪あがきしてますね〜

 


僕は銭湯に仕事終わりの夜中か休みの日の昼間に行きます。

でも疲れて帰ってきて、『今日は飯食って早く寝ようかな』って思う日ももちろんあります。

 


特にこの季節は寒いので、一度体が温まってしまうとなかなか外に出る気になれませんよね。

 


それでも重い腰を上げて銭湯に向かうのは快楽を身体と脳が覚えているからです。

 


ちなみに散々このブログで『町の風呂屋が好きだ』と言っているのでもちろんこれから書くのはスーパー銭湯でもなく昔ながらのお風呂屋さんについて。

 


つまりレトロな銭湯です。

 

f:id:nukabukuro:20210220013149j:image

 

レトロな銭湯

 
僕が初めて出会ったのは小学生の時。

 


祖母の家の近くは田舎で遊ぶ場所が全然なく、近くのデパートの小さいゲーセンや古本屋ぐらいしかなかった。

 


頑張って2時間ぐらいしか時間が潰せないので、家に戻ると時間を持て余した僕に母は『銭湯でも行ってきたら?』と言ってくる。

 


初めて入った時は爺さんばかりだったので良いとは思わなくて、『大人の領域』だと思っていた。

 時間潰しの為だけに行っていたような感じだった。


そこから中学生になってサッカーをしていたので練習終わりにスーパー銭湯に行くことがブーム化した。

 


高校生になり仲の良い友人の地元に銭湯が多くて、銭湯に行くようになった。

 


もちろん初めは広くて設備が整っている銭湯。

いわゆるスーパー銭湯町の銭湯の間。

ネオ銭湯によく行っていた。

 

www.nukabukuro.jp

 

 
大学生になって呉竹湯に出会い、そこからは呉竹湯に毎週通うようになった。

 


ここで大きく僕の中で銭湯に対する価値観が変わった。

 

f:id:nukabukuro:20210220012646j:image


スーパー銭湯を行っていた時はただ身体を癒す場所という位置付けだった。

 


レトロな銭湯は狭くて、爺さんがいっぱいいるイメージだったので、設備が整っているところが良いと思ってスーパー銭湯を選んでいた。

 

 

呉竹湯と出会って

 

 

 

f:id:nukabukuro:20210220014942j:image

 

 

スーパー銭湯に通っていた中坊の頃と価値観が変わった。

 

銭湯を文化として生活の一部にしている人は少なからずいる。

 


町の銭湯の常連はもちろん家に風呂はあるが、家に風呂がなかった昔の時代の名残で今でも毎日銭湯に来ている。

 

銭湯に行きだした頃に疑問で常連に聞いたことがある。

 

家に風呂あるのになんで毎日銭湯来てるんですか?

 

おっきい風呂に慣れてしまうと家で風呂入りたいと思わんくなったな〜
もちろん家で入る時もあるけど、別もんやね。

 

 

ほぼ毎日銭湯に来ているので、同じ時間帯に来る人のことは大体把握していて、そこでコミュニティが出来上がっている。

 


客同士が『こんばんはー』『お先!』と挨拶している光景を初めて見た時。

 


『銭湯っていいなぁ』と思わせられた。

 


そこから僕もその一員になった。

 


決まった時間に行くので、まずは常連に挨拶から始まる。

 

 

こんばんはー!

 

こんばんは!今日は遅いな!

 

 
そんな会話のラリーが少しずつ増えていき。

 

サウナでがっつり話すようになったり。

 

風呂上がりにジュースを奢ってもらったり。


すけべな常連にAVを借りたり。

 
僕の友人は飯に連れてってもらったりもしていた。

 


そして、昔ながらの銭湯に残っている暗黙の了解

 


ロッカー上の私物。

 

f:id:nukabukuro:20210220012748j:image

 

最近は廃止しているところも見受けられますが、
常連がボトルキープかのようにシャンプーなど風呂セットを置いている。

 


常連と仲良くなって、その置いている風呂セットを使わせてくれるようにもなった。

なので行きたいと思ったときに飛び込めるようになった。

 


銭湯に来る目的が少しずつ

『体を癒すこと』

から

『あの常連のおっさんと喋りたいな』とか『会いたいな』に変わっていった。

 


銭湯ってコミュニティーじゃん!

 


そう強く感じた。

 

 

銭湯コミュニティー

 

f:id:nukabukuro:20210220015019j:image

 


正直これがないところも、もちろんあると思う。

時間帯で変わるところもある。

 


昼間はすごい常連コミュニティー化してるが、夜は全く感じられないとこもある。

 


それでいうと呉竹湯の21時以降はめちゃくちゃ濃かった。

 


銭湯コミュニティーに入り込めると銭湯の楽しさが倍以上増す。

 

何から始めたら良いのか?


まずは番台の店主に覚えてもらうところから。

難しく考えることは必要なく、ただ気持ちよく挨拶するだけ。

 

 

こんばんはー、今日は寒いっすね!

 


コミュニケーションの基本は挨拶から。

 


そういった姿勢でいると自然におっさんが話しかけてくるようになってくる。

 


先日も。

 


金山湯の昼風呂に行って、深風呂で吹き抜けの天井を眺めて魂が抜けていたところ。

 


常連であろうおっさんに。

 

 

君の髭がそこまで伸びるのに半年ぐらいはかかるんか?

 


と急に聞かれた。

 

 

1ヶ月でこれですよ!

 

 

すごいな!分けて欲しいわ!

 


と会話が生まれた。

 


それからそのおっさんは上がる時に

 

お先〜

 

と言ってきたので。

 

お疲れ様です!

 

と返した。

 


こういう場面が僕はたまらなく好きだ。

 


『銭湯っていいなぁ』と改めて感じた。

 


呉竹湯がなくなって1年が経ち、転々としていた銭湯も少しずつ拠点が定まってきた。

 


でも理想は色んなところで色んな人と仲良くなりたい。

 


『ここの銭湯はあの人がいるから』と思えるようにコミニティーに入って行きたい。

 


そうなればもっと銭湯は楽しくなる。

 


身体も癒せるし、悩み事があってもおっさんと話すことで心も穏やかになる。

もちろん僕も誰とも話さずに入りたい日もあるので、そういう時間帯を狙ったりして調整はしている。

 


銭湯はただの風呂ではない。

心と身体を癒す場所。

 

 

f:id:nukabukuro:20210220015538j:image

 

 

最近Twitterでよく銭湯の廃業の知らせをみる。

 

その銭湯に行ったことはなくても長い歴史の終わりを知らされた気がして、僕は好きな銭湯がなくなるという悲しい気持ちを知っているからこそ、昨今のサウナブームブームとして切り取るのではなく文化として銭湯を残していけるよう、若者が銭湯を良い意味で活性化していけるようになればいいなと思います。

 

仕事や家庭でのストレスを抱えている人は一度、設備が整ったスーパー銭湯やサウナではなく身近の銭湯に足を運んでみて欲しい。

 

たった450円で、きっと心を癒してくれる場所になると思うので。

 


もちろんその銭湯における暗黙の了解やマナーは尊重してほしい。

 


狭いサウナで人の前を通る時に軽く会釈することや、使った桶、椅子は並べる!

数人で来てうるさく騒いだり、場所を占領したりしない!

 

僕も昔はそういう行動をしてしまっていたことあったが、思いやりのある行動が更に銭湯を気持ちよくしてくれると常連の振る舞いから学んだ。

 

閉店間際に上がる常連が全ての椅子を綺麗に並べて上がって行った姿を見て。

 

背中を見せられた気がした。

 

 

レトロな銭湯は色んなことを学べるぜ!

 


以上!

若者の戯言でした!!

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

 

 

 

 

 

In Your Shade-Bang Bang feat. Alice Wendt

youtu.be

 

 

ラジオスタートしました!

是非こちらもチェックしてください!

木曜21時更新。

 

stand.fm

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

君にキメた

f:id:nukabukuro:20210118145450j:image

 

こんばんは

ぬか袋の時間がやってきました。

 

本日の内容は銭湯記事となっております。

 

超絶久しぶりに行った【寿湯】が最高だった件

f:id:nukabukuro:20210118145446j:image

 

ある日の月曜日のことです。無性に銭湯に行きたくなりました。

さて、どこの銭湯に行こうか。

 

スタメンの鞍馬湯は定休日だしな。洛陽湯は少し遠いな。

 

久しぶりに新地湯もいいな。あ、ここも定休日だな。

 

なんて考えながらGoogleマップを開き銭湯定めしていると一軒の銭湯に目がいきました。

 

そう。それが【寿湯】です。

 

最後に行ったのはいつ頃だったでしょうか。

風呂の形も内装も何もかも忘れましたが、

よし!君にキメた!

 

二刀流??

 

寿湯にはサウナが2つありドライとミストが楽しめます。

街の銭湯では割と珍しいですよね。

 

普段街の銭湯にしか行かない僕にとって、ドライとミストが楽しめるというのは個人的に衝撃的です。

 

ドライ→水風呂→ミスト→水風呂を1セットとして、

これを3周。

 

ちょっとキツいかも。。

 

案の定、少しキツかったですが、これはこれでアリかも!

と思いました。

まあ〜なんせ街の銭湯で2種類のサウナを楽しめるのは珍しいですからね。(2回目)

 

基本的にサウナはドライ派なんで、今日はミストに行きたい!

とはならないんですが、2種類のサウナを楽しめる寿湯だと

これからの選択肢が増えてきそうですね。

 

寿湯、ごってええや〜ん!

 

常連に愛される銭湯 

f:id:nukabukuro:20210118150502j:image

 

地域密着型銭湯ではお馴染みの、【暗黙の了解】について、寿湯ではしっかりと定着されている様子が窺えました。

 

スポーツとは挨拶に始まり挨拶に終わる。

 

まさに銭湯のソレも同じで、「こんばんは」や「お先」、「おやすみ」など特に銭湯で見るおっさん達のその光景は僕の好きな瞬間のひとつです。

 

それだけで常連コミュニティがあるのが分かりますし、何よりも気持ちが良いですよね。

 

伝説の銭湯【呉竹湯】ではそれが当たり前でしたが違う銭湯に行くとまだおっさん達に認められていないといいますか、少し寂しさを覚える瞬間でもあります。

 

挨拶ぐらい、積極的に自分からすればいいんですが、それはまた別の話なんですよね。笑

 

分かる人には分かると思います。笑

 

辻武司と再会 

f:id:nukabukuro:20210118150448j:image

 

寿湯を満喫しちょうど帰る際に、【呉竹湯】ではお馴染みの常連、辻武司と再会しました!

 

辻武司とは誰ぞやと思う方はこちらの記事を参照してください。

辻武司と呼ばれた男 - ぬか袋のブログ

 

外に出て一服していると寿湯に向かってくるひとりのおっさんが見えました。

3m先でも分かりました。

 

「あ、辻武司や!」

 

おっちゃん久しぶり〜!

 

あぁ〜君か〜、元気してた??

 

本当に僕と分かって話してくれたのかは定かではありませんが、それでも久々の再会に凄いほっこりした気持ちになりました。

 

元気そうで何よりです。

 

身体に気をつけて、これからもプロレス頑張れよ!

 

まとめ 

 

というわけで、超絶久しぶりに行った【寿湯】は最高でした。

これからの銭湯ラインナップに食い込んできそうな予感です。

 

また、【呉竹湯】で仲良くなった常連との再会はやはり嬉しいものですね。

皆んな元気にしてるかな??

僕とひと回りも歳が違うおっさん達ばかりでしたので、安否状況が気になるところではありますが、元気に生きてることを信じてます!

 

俺は元気だぜ!!!

 

本日の一曲はこちら。

 

youtu.be

 

 

♨︎ 寿湯
 
住所  京都市伏見区弾正町117
営業時間16:00〜23:00
定休日 土曜日
駐車場 6台
特徴  ドライサウナ、ミストサウナの二刀流

 

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

百折不撓

 

 

 

【百折不撓

読み:ひゃくせつふとう

意味:何度失敗して挫折ざせつ感を味わっても、くじけずに立ち上がること。どんな困難にも臆おくせず、初めの意志を貫くこと。

 

 


 

 


皆さまこんばんは!

 

 


ぬか袋のブログのお時間です。

 

 


なぜいきなり百折不撓(ひゃくせつふとう)の説明をしたかといいますと。

 

 


先日、ぬか袋のブログ100記事突破しました!!

 

 
初めて投稿した日が2020/2/20

今思えば2の多い日にスタートしたんだなと。

 

 


思い返すと初めは文章を書くことの練習がてら、おやすみ前のひと時に読んでもらえる何気ない一日の記録として始めました。

 

ぬか袋のブログのコンセプトは

『おやすみ前に読む、何気ない一日の記録』

 

 
記事が増えていくにつれてもテーマは変わらずですが、記事のトピックが銭湯、アウトドアの2軸だったのが、DIYや御朱印、お酒など新たなトピックも増えました。

 

 

専門ブログにした方がいいんじゃないか?

稼げるブログは専門ブログだろ?

 

いつも読んでくださっている方はご存知だと思いますが、そんなことは完全に無視してます。

 

むしろクソ喰らえと思ってます。(言い過ぎました。)

 

 


自分が読んでて面白いニッチなブログを書きたいだけであって、トレンドキーワードをハイエナのように食いついてPVを稼ぐなんてことは考えたことがありません。

 

 


銭湯に関して言えば、好きな昔ながらの街の銭湯のことを書いて、その銭湯に実際に行ったり、行きたいと思ってもらえることが僕にとっての一番のアフィリエイト収益だと思います。

 

 


近年さまざまな要因はありますが、昔ながらの街の銭湯は非常に厳しい状況だと思います。

 

 
僕も昨年、間近で大好きだった銭湯が閉業するのを目の当たりにしました。

 

 
街の銭湯が閉業している状況はもちろん知ってましたが、『大丈夫だろう』と思っていました。

 

 
しかし閉店してしまい、僕にとっての銭湯という一つの癒しの場、コミュニティがなくなってしまいました。

 

 
今の僕にできることは、そんな昔ながらの街の銭湯の良さを知ってもらって少しでも読んでくれている人に足を運んでもらうことぐらいしかできません。

 

そしてそれが街の銭湯の延命にも繋がると僕は思ってます。

 

 
なのでこれからも銭湯という一つのトピックについては書き続けます。

 

 
来年はどこかの銭湯と絡んで何か面白いことをしていこうと思いますので、乞うご期待!

 

 
アウトドアやその他のトピックについては完全に私利私欲のまま日記感覚で書いてますので、本当に寝る前や休日前に何気なく読んでもらえたら幸いです。

 

 いつも読者様のコメントやブックマーク、星★などに本当に助けられています。

 

一方的に発信し続けるだけでは正直、気持ち的にキツい部分もありますがコメントやブックマークコメントがあるので続けてこれたといっても過言ではありません。

 

運営さん、ブックマークコメントに対して返事できるようにしてくれ!!

 

 
100記事書いたからといって変わることは何一つないですが、

今後も何卒この『何気ないブログ』をご愛顧いただければと思います。

 

 

 

 

そして。

 

 


ここで一つ告知です。

 

 


ブログから派生して、ずっとやりたいと思っていたことを始めます!

 

 


ラジオです!

 

 


僕はラジオが好きで、オールナイトニッポンをはじめ、色んなラジオを毎週聴いております。

 

 
『あ〜ラジオやりてぇなぁ』と思っていたところ。

1人では流石に寂しすぎるので、2人の友人にご協力いただきスタートすること運びになりました。

 

f:id:nukabukuro:20201130030422j:image

 

 

 さらっと2人の友人についてご紹介しておくと、1人はブログにもよく登場する

『候補生の彼』

その彼について詳しくはこちらをお読みください。

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

もう1人の友人は銭湯ウォーリアーズ立ち上げメンバーの1人で僕と候補生の彼と3人でいつもキャンプに行く仲間です。

 

www.nukabukuro.jp

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 
ラジオ名は

【Sunset Strip】

 

stand.fm

 

stand.fmで

毎週 木曜21時に配信します。

 

是非こちらもフォロー宜しくお願いいたします。

 

f:id:nukabukuro:20201130023610j:image

 


陽が落ちた後に日々のストレスを脱ぎ捨てて聞く何気ないラジオ。

という意味を込めてつけました。

 

ブログ同様のテンション。

いや、もう少し肩の力を抜いた感じで行こうかと思ってます。

 


収録だけは既に10本分ぐらい撮ってますが、肩に力入りまくりです!!笑

回を重ねる毎に改善していきます!

 

 

是非これからはラジオの方もチェックしていただきたいと思います!

 


ブログで書いた事も改めて話しているので、ブログと合わせて聞いていただければ尚、楽しんでもらえるかとおもいます。

 

 


毎週 木曜21時配信。

 

初回配信は12/3です。

 

stand.fm

 

是非、皆さまご視聴宜しくお願いいたします!

 

 

 

では本日の一曲はこちらで。

 

Retarded-KID FRESINO

 

youtu.be

 

 

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ