ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

雪山と氷壁と僕

 

 

2020年2月某日

 

時刻05:30 起床

 

雪山の朝は早い。

 

起きてすぐふと思ふ。

 

寒い。

 

そうだ、テントで寝ていたのだ。

外に出ようとすると、雪がテントの半分くらいまで積もっていてジップが開かない。

朝一の力を振り絞り、こじ開ける。

 

f:id:nukabukuro:20200317143745j:image


白と緑のコントラスト。

 

陽の光を浴びて、ぐーっと背筋を伸ばす。


とても気持ちが良い。

 

気温はマイナス9℃

手足が悴む。

 

とりあえず、至極の一服。

 

今日は、人生初の‘‘アイスクライミング’’に挑戦。

 

その前に一つ。
冬山・雪山に必要な物をご紹介致しましょう。

皆様、冬山に必要な【三種の神器】ご存知ですか?
夏山の【三種の神器】は。
・ザック
・レインウェア
・登山靴
登山を、始めるうえで最も重要な役割を果たすアイテムですね!

では、冬山は?
勿論、夏山【三種の神器】が整っているのは絶対条件!

 

では、簡単にご紹介!!


f:id:nukabukuro:20200317143818j:image


一つは、人が何処にいるかを教えてくれるアイテム。

 

一つは、発見した場所にピンを打ち深さを定めるアイテム。

 

一つは、ピンを打った場所を素早く掘り当て人を助けるアイテム。

 

この三つは、必需品です!
興味のある方は検索してみてください!

 

はい、学びはこれくらいにしまして

今回の本題、アイスクライミングを始める。


f:id:nukabukuro:20200317144347j:image


聳え立つ‘‘氷壁’’


高さは8mくらいかな。

 

アイゼン、よし!
ハーネス、よし!
アックス、よし!
ビレイ、よし!

 

準備は整った。

 

正直最初は、人並み外れた運動神経を持つ僕からしてみると
「まぁ、なんだかんだ余裕っしょ」
と思ってました。

 

そんな安易な考えも束の間。
登り始めて数分後、地獄をみることに。

 

開始のゴングがなる。

 

出だしは順調。
1m、2m、と進む。

 

様子がおかしい。
足が震える。

 

安全配備はしっかりと行い落下の心配がないと言っても、足場はかなり滑るので恐怖感は尋常じゃない。

 

ただ、そこはやっぱり諦めきれない。

 

登り切る。

 

登頂する。

その一心で、黙々と上を目指す。

 

といっても、まだ3m。
先は長い。

 

5m地点、疲労困憊。

 

手は、パンパン。
足は、ガチガチ。
メンタル、ボロボロ。

 

上を見上げる。

 

登っても登っても近づいている気がしない。

頂上が雲の上にあるようにさえ感じる。

 

あぁ、遠い。

 

3m。

言うなれば、北アメリカ大陸各地に生息するシカ科の‘‘ワピチ’’くらいの高さであろうか。


f:id:nukabukuro:20200317144411j:image


それくらいなら大丈夫!
いける、イケるぞ!!

 

よし、気合いだ。

残りの力を振り絞り、登り進める。

 

2m

1m

50cm

あと少し。


f:id:nukabukuro:20200317144427j:image


登頂。

 

本日の修業、これにて終了。

 

お疲れ様でした。

 

一言、申し上げよう。

 

‘‘氷壁’’
それは、自然が織り成すアート。
見ているだけでは冷たいが、寄り添い・触れ合うと、その大きさにどこか温かさを感じる。

 

とにかく皆様、一度チャレンジしてみてください👍

 

それでは、一曲。

youtu.be

 

走馬灯のように、思い出す。

信号待ち、車の中で熱唱していた時、横に止まった車に乗っていた老夫婦がこちらを向いて、笑顔で拍手してくれていたことを。

 

次回、最終話。

 

‘‘そこに山があるから’’。
近日公開。

 

お楽しみに。

 

 


 

⚠︎Twitterもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

   

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ