ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

銭湯の流儀

 

皆さまこんばんは!

ぬか袋のブログのお時間です。

 


相変わらず寝苦しい夜が続いておりますね。

かと言ってクーラーをかけ続けるのもどうかと葛藤しながらクーラーをつけた状態で寝ております!笑

(つけて寝てんのかい)

 


ちなみに我が家の盆栽はまだ芽が出てこないので心配しております。

色々調べて育て方を変えておりますので、芽が出たらまた報告いたします。

 

www.nukabukuro.jp

 

 
最近は蒸し暑いので仕事終わりの銭湯が気持ち良くて、気持ち良くて、毎日行きたいぐらいです。

 

仕事の都合で行けない日は唇を噛み締めてます。

 


僕にはいくつか通っている銭湯カードがあり、『洛陽湯』や『金山湯』、『鞍馬湯』 etc...

 


その候補の中でも一つレギュラーから落選した銭湯がある。

 

 

 

そう。

 

 

 

『やしろ湯』だ。

 

f:id:nukabukuro:20200822023406j:image

 

 

『やしろ湯』について書いた過去記事はこちら。

 

www.nukabukuro.jp

 

 

『やしろ湯』は深夜25時まで営業している。

 
仕事が遅くなった時に出てくるカードに『金山湯』『やしろ湯』があったが、いつの間にか『金山湯』一択になってしまっていた。

 


その理由は仕事終わりなので銭湯に24時過ぎに到着する。

 

時間にして楽しめる時間はたった40分程

 


長風呂タイプの僕には40分でまとめるのはかなり難しい話だが、『金山湯』のサウナはパキッと熱くて、水風呂もそれに見合った良い冷たさになっている。

 


熱い深風呂と薬湯もあり、40分でもしっかりとキマる。

 


自宅からの距離はどちらも差はない。

どちらも駐車場もある。

どちらも24時以降は比較的に空いている。

 


ではなぜ『やしろ湯』が落選したのか?

 


それは前方後円墳、いやプッカ型水風呂がぬるいからだ。

 

過去の記事では前方後円墳と書いていたが....

 

f:id:nukabukuro:20200323114637j:plain

 

正直、お菓子のプッカの方がしっくり来ている。

 

明治 プッカチョコレート 43g×10個

明治 プッカチョコレート 43g×10個

  • メディア: 食品&飲料
 

 

そんな物議を醸している水風呂がこちらだ。

 

 

皆さんは何に見えますか?

 

 

これが僕にはヌルい。


しかしサウナは激熱。

 


このバランスが悪く、40分しか滞在できない僕にとってはコンパクトにキマりたいので、『金山湯』を選んでしまう。

 


だがしかし。

 


Twitterをフォローしてくださっている方は知っているかと思いますが、最近『やしろ湯』に僕はよく行っている。

 

 


こんだけ失礼ながら比べたのになぜ?

 


もはや銭湯は比べるものではないのは重々承知している。

 


施設はもちろんのこと客層、番頭さん、暗黙のルール。

それぞれが違うから銭湯は面白い。

 


僕が『やしろ湯』にまた行き出したのは『やしろ湯の流儀』を知ったからだ。

 


『やしろ湯の流儀』とは

 


やしろ湯はサウナが激アツだ。

体感では100°は優に超えていると思う。

 


そしてプッカ型の水風呂は広くて気持ちが良いが、心なしか設定温度がヌルめになっている。

 


正直、『これではキマらんだろ。』と常連であろうおっさんの立ち回りを観察した。

 


サウナで追い込んで、かけ湯をする。

 


ここまでは何ら僕と変わりはない。

 


しかし。

 


ここからの立ち回りが全く違っていた。

 


そのおっさんはかけ湯の後に、プッカ型の横についている長方形の小さな水風呂に浸かったのだ。

 
その水風呂の存在はもちろん知っていたが、サイズ感といい、縁に桶がいつも置いてあることからかけ湯の浴槽だと思っていた。

 

それがこちらだ。


いや、これは絶対に初めてならそう思う。

 (元々の用途はかけ湯用だと思われる。)


しかも激アツサウナでヘロヘロになった状態で、わざわざ少し位置が高いかけ湯より、プッカ型の方で水をすくって汗を流す方が楽だ。

なので、存在は知っていたが使い道は知らなかった。

 


しかし、僕も見様見真似でその長方形の小さな水風呂に浸かった。

 


ありえないほど。

いや、このレベルの冷たさは他では感じたことがないぐらい冷たい水風呂だった。

 


正直、ヘロヘロ状態でも数分ぐらいしか入ってられないほど芯に響く冷たさだ。

 


常連のおっさんはそこからプッカ型の水風呂に水風呂はしごする。

 


僕も真似をした。

 


体が冷え切った後のプッカ型の水風呂は全く何も感じなく、もはや少し温かく感じるほど。

シルクのパジャマでも着ているかのように、僕を優しく包み込んだ。

 

温度が絶妙な塩梅で宙に浮いているかのような気分になる。

 
目を閉じて大の字で浮かぶと、UFOに連れて行かれるあの定番シーンを連想させられる。

 

f:id:nukabukuro:20200822023251j:image

 

『UFOに拐われる時はこんな気分なんだろうなぁ〜』と。

 


これを知ってからすっかり『やしろ湯』にハマってしまって時間がない時は行っている。


これは常連しかやらない『やしろ湯の流儀』だと僕は思っている。

(誰でも知っとるわ!という内容であればスミマセン。)

 

皆さんの行きつけの銭湯にも『流儀』はありますか?

 

 

ちなみに『やしろ湯』土,日,祝は朝風呂を6時からやっている。

 

いつか行ってみてぇ〜〜。

 

 

では本日はこの辺で。

 

こちらの一曲でさよならです。

 

P!nk-Beam Me Up

youtu.be

 

♨︎ やしろ湯
 
住所  京都市右京区太秦森ヶ前町19-9
営業時間15:00〜25:00
定休日 木曜日
駐車場 15台
特徴  :UFO体験可能
 

 

 


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ