ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

玄人好み大黒谷キャンプ場

 

皆さまこんばんは!

 


久しぶりの更新になりましたが、ぬか袋のお時間です。

 


先日、今年初のキャンプに行ってまいりました!


最後に行ったのが昨年の12月だったので、約2ヵ月ぶりでした。

 

www.nukabukuro.jp

 


予定を組んだのも10日前ぐらいで、2連休があったので『キャンプに行こうと!』と思い立ち、仲間に連絡。

 

キャンプ行く人ー!?

 

翌日仕事やけど行くわ!

 


はい、決まり!

 


ということで2人で行くことになりました。

 


コロナ対策で営業していないキャンプ場もある中、かなり情報は少ないけれどやってるであろう良さげなキャンプ場を発見。

 


本日はそのキャンプ場を紹介します!

 

 

久多自然活用村 大黒谷キャンプ場

 

 

f:id:nukabukuro:20210313145828j:image

 

 

 
京都市内からは1時間ちょっとで行ける場所で、近くにはいこいの里久多キャンプ場と、なんとキャンプ好きな人は絶対観たであろうYouTube『親父キャンプ飯』のロケ地としても使われていた久多の里オートキャンプ場もあります。

 

近くには久多川もあり、まさに『自然』という感じです。

 

f:id:nukabukuro:20210313151328j:image

 

 

f:id:nukabukuro:20210313151405j:image

 

マイナスイオンがめちゃくちゃ出てそうですね。


本当は久多の里オートキャンプ場に行きたかったのですが、オフシーズンでした。。

 

なので近くにある久多自然活用村 大谷黒キャンプ場を選びました。

 

なんと、年中無休なので有り難いですね!

 
今回久多を選んだ決め手は林間サイトというところです!

 

f:id:nukabukuro:20210313145907j:image


今まで川辺のキャンプ場が多くて、林間サイトは行ったことがなかったので憧れがありました。

 

山の中に有りますので、スーパーなどは近くに有りません。

早めに買い出しを済ませておくことをおすすめします!

 

細い道も多いので道中も注意が必要です。

キャンプ場に入る途中に細い橋を渡らないといけませんが、一台しか通れませんので、対向車に気をつけましょう。

 

f:id:nukabukuro:20210313151733j:image

 

 

利用時間・料金

 

 

 定休日       なし、通年営業

チェックイン  13:00

チェックアウト 11:00

乗り入れ可否  

施設タイプ   バンガロー/区画サイト

利用料金    利用料300円/駐車代2000円 ※現金のみ

設備      トイレ/シャワー/炊事場/管理棟

薪販売     有り(1束300円)

ゴミ      1人100円で回収

 

 

僕たちはチェックイン時間を確認せずに行った為、10時に到着して管理棟には誰もいませんでしたが、電話をすると、すぐに出てくれて『先に入って使っといてください〜。』というラフな感じでした!

 

基本的にはご老人の方が1人で管理されているようです。

 

料金の伝票に書いて精算してもらいましたが、利用料と駐車代が逆な気しかしないな〜(しっかり確認はしました。)

 

それと薪がかなり安いな〜

 

 

車で何人かと行く場合はできるだけ乗り合わせしたほうがお得です! 

 

炊事場、シャワーも有りましたが、冬季は凍結防止で水が出ないのでポリタンクが支給されます。

 

f:id:nukabukuro:20210313145934j:image

 

予約も可能なようですが、恐らく予約は必要ないかと思われます。

その理由は最後までお読みください。

 

サイト

 

基本的に土のサイトで奥に進むにつれて林間サイトになっております。

 

f:id:nukabukuro:20210313150018j:image

 

あまり整備されていないので恐らく先客が残して帰ったであろうブロックが所々に置いてあるので車で林間サイトを進む場合は注意が必要です。

 

f:id:nukabukuro:20210313150045j:image

 

ペグは刺さりやすいですが、石が埋まっているのでソリッドステークが安心です!

 

 

林間サイトでは木が邪魔してあまり大きいテントは立てられないかなと思いました。

ソロ、もしくは2〜3名程度のテントが良いですね!

 

大きなテントの場合は炊事場前にある広いスペースがおすすめです!

 

f:id:nukabukuro:20210313150150j:image

 

バンガローも数棟ありますが、中は簡易なベッドのみでした。

 

f:id:nukabukuro:20210313150222j:image

 

 

設備

 

f:id:nukabukuro:20210313150956j:image

 

 

上記でも書いたようにサイト含め、あまり整備されていないので、炊事場やトイレも最低限使用できるレベルだと思っていただいた方が良いかと思います。

 

f:id:nukabukuro:20210313150305j:image

 

炊事場にはテーブルと卍型の焚き火スペース。

 

f:id:nukabukuro:20210313150449j:image

 

そして謎の冷蔵庫がありました。

 

f:id:nukabukuro:20210313150540j:image

 

 

夜間でも電気はつきますが、正直かなり不気味です。

 

 

f:id:nukabukuro:20210313150740j:image

 

トイレも簡易なトイレです。

 

女性やお子さんと行かれる場合は注意が必要です!

 

男だけなら何の問題もない!

むしろワイルドで良い感じです!

 

まとめ

 

かなりワイルドなキャンプ場です!

 

全くひと気がない!!

動物の方がいそう!

 

ファミキャンではおすすめできませんが、

必要最低限な施設と整備されていないサイトは、ブッシュクラフトや野暮ったいキャンプがお好きな方におすすめです!

 

街灯はほとんどないので、夜間は真っ暗です。

 

正直、かなり玄人好みのキャンプ場だと思いますので、シーズンでも混み合うことはあまりないそう...

 

なので予約なしで飛び込みでも利用できるかと思います!

 

あと注意していただきたいのは気温が京都市内と全く違います!!

 

僕訪れた日は雨でしたが次第に雪に変わり吹雪になりました。

恐らく夜は0℃ぐらいまで冷え込んだと思われます。

 

極寒でした。

 

暖を取れるように備えておくことをおすすめします!!

 

 

  

 

 

 では本日はここまで!

次回は実際に訪れた日のことを書きたいと思います!

 

正直、こんな過酷なキャンプは初めてでした。。

 

本日の一曲はこちら。

 

Grapefruit Moon-Tom Waits-

 

youtu.be

 

 

ラジオスタートしました!

是非こちらもチェックしてください!

木曜21時更新。

 

stand.fm

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ