ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

白州2021


皆さまこんばんは!

 


ぬか袋です。

 


京都もまたまた今日から飲食店の時短営業の再開です。。


本日4月5日〜21日まで。


長いですね〜。

 


ほんの少しの間だけ解除されたのが幸い。

その間に好きなBARに数回行けたのでもう満足です。

 
あとは家に篭ります。

 
巷を賑わしてるあいつも飲めたので。

 

 

白州12年

 

f:id:nukabukuro:20210405161058j:image

 


国産ウイスキーの人気が高まり、2018年6月より原酒不足で一時休売していた『白州12年』3月30日再販されました。

同じ日には『白州ピーテッドモルト2021』も限定販売されました。

 

f:id:nukabukuro:20210405161157j:image

 

白州ピーテッドは2009年,2010年今まで2回発売しており、中身は白州シリーズに使われているピーテッド原酒のみを厳選して瓶詰めした一本。

 

言わばスモーキーさをメインにした白州。

 

手に入る気は全くしないですが、10年ぶりの再販は魅力的ですね〜。

 

 

白州12年に関してはTwitterで発売日前から某有名ドラッグストアに出回っていると噂が流れてましたが、地元の店舗は気配すらありませんでした。

 


ピーテッドは元々、手に入らないと思っていたので探してもいません。

 


なので『白州12年』『白州ピーテッドモルト2021』も買えておりません!!

 


見つけたのは

 

『白州12年の入荷はございません。』

 

の張り紙のみ!

 

 

州12年は絶対に欲しいと思っていたからこそ、悔しい!!

 


なぜならジャパニーズウイスキーの中で白州が一番好きだから。

 (余市も同じぐらい好き。)

  

悔しいので、店で飲んで発散すると決めていつものBARに行きました。

 

 

いつものBARへ

 


元々は『白州12年』を飲みに行ったのですが、12年は入荷が遅れてて、『白州ピーテッドモルト2021』のみ置かれていました。

 

f:id:nukabukuro:20210405161305j:image

 

むしろピーテッドが飲めるなら、なお良い!

 


もちろんストレートで注文。

 

f:id:nukabukuro:20210405161331j:image


いつも思うのはミントが入ってないのに、ミントの清涼感を感じる。

 

それは山梨県の北杜市にある森に囲まれた白州蒸留所が織りなす技ですね。

 

f:id:nukabukuro:20210405161424j:image

 

 

 

 

ボトルの色もグリーンで視覚的にもそう思ってしまいますが、スーッと抜けるような爽快感を感じます。

 


年数表記なしと比べて若干のピートを感じなくはないが、ミントフレッシュなフルーツ感の方が強く香る。

 

アイラ系のバチバチなピートというよりは、繊細で角があまりないピートを感じた。

 


これを飲む前にタリスカーのハイボールを飲んだのは完全にミスったなと反省。

 


アルコール度数はNAや12年よりも5度高いので、濃厚さもある。

 

 

美味い!!

 


バーボン樽の甘さもあり、飲みやす過ぎてスイスイいけちゃうやつです。

 

危険!

 

 

やっぱりこういう良いお酒はBARで飲みたいですね。

BARで飲むと一際美味しく感じますし。

 


まだ『白州12年』は飲めてませんが、継続的に販売されるようなので気長に待ちます!

 


この時短営業が解除された暁にBARで飲むのもありだな。

 


また楽しみが増えました!

 

 

 

 

 


では本日はこの辺で。

 

魔法のバスに乗って-曽我部恵一BAND-

 

youtu.be

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ