ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

白角水割りって美味しいの?【白角VS白角】

 

皆さまこんばんは。

 

ぬか袋です!

 

 

緊急事態宣言の今、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

早く馴染みのBARに行きたい。

キャンプにも行きたい。

安い焼き鳥屋で仲間とひたすら馬鹿な話をしたい。

 

今は我慢ですね。。

 

先日のブログで検証した『市販の角ハイ缶』と『自宅で作る角ハイ』どちらが美味しいかを書くに当たって角瓶について調べて角瓶の魅力を知ったことで、角瓶の他のラインナップも飲みたくなりました。

 

 

www.nukabukuro.jp

 

 

現在、販売している角瓶のラインナップは一種類のみです。

 

どこでも見かける黄色の角瓶です。

 

 

  

 

実は現在休売・終売中ですが、角瓶には他にもラインナップがあったことをご存知ですか?

 

  • 白角
  • 味わい角瓶
  • 角瓶〈黒43°〉
  • ザ・プレミアム角瓶

 

実は5種類のラインナップが存在しておりました。

 

 

 

 

 
 

僕は恥ずかしながら、ここ数年でウイスキーの沼にはまったので、もちろん黄色の角瓶以外は見たこともありません。

 

ただ、現在缶のみで販売されている銘柄もございます。

 

それが『白角水割り』です。

 

 

 

 

確かにコンビニなどで見かけたことはあったが、これが『角瓶白の水割り』だとは思っておらずスルーしておりました。

 

 

水割上手見事腕前

淡麗辛口名水仕立

 

 

この渋い見た目は『焼酎』かと勘違いしてしまいそうですね。

 

 

そこで本日は、実際に『白角水割り』を飲んでみようということなんですが、せっかくなら比べてみたくなりますよね。

 

 

これは実験です。

 

   

 

白角水割りって美味しいの?

 

 

そもそも水割りってどうなの?
ハイボールが美味しいのは分かるけど。

 

 

水割りにすることでアルコール度数が下がり、口当たりも軽くなって飲みやすくなります!

ウイスキー特有のクセも弱くなり、ウイスキーを飲みなれていない方でもウイスキー本来の香りや風味を楽しみながら飲むことができます。

 

ちなみに『焼酎の水割り』がメジャーですが、この『水割り』という飲み方は日本で広まった飲み方と言われています。 

 

海外の方がコーラやソーダで割るのに対して、日本は日本食に合うように水で割ることが企業の戦略として普及していったなど諸説あるようです。

 

確かに日本食にコーラやソーダは合いませんね。

(今でこそハイボールや酎ハイがありますが。)

 

僕の初めて飲んだウイスキーの水割りは『シーバスリーガル ミズナラ』の水割りです。

水割りでおすすめの銘柄ということで実際に飲みましたが、確かに水割りにしてもウイスキー本来の香りや風味は崩れず、甘さの余韻が印象的でした。

 

 

 

 

 

白角

 

上記で述べたように、現在『白角』は休売しております。

 

角瓶に白があったなんて。

 

サクッと『白角』の歴史について。

 

 1992年サントリーから角瓶(黄色)の姉妹品として販売を開始して、2019年3月をもって休売に。

 

『角瓶(黄色)』の角ハイボールとは違い、『白角』は『和食と合う、淡麗辛口』をキャッチフレーズに、キーモルトを白州のホッグスヘッド樽にして爽やかかつ、ドライなブレンドに仕上げられている。

 

ホッグスヘッド樽ってなんだ?

 

ウイスキーを熟成する樽には大きさがあります。

その大きさによって原酒と樽材との接触面積が変わり、熟成にも影響します。

 

一般的には樽が小さいほど原酒と樽の接触面積が大きくなるので、熟成は早く進みます。

 

【バレル】

容量180〜200リットル。

主にバーボンウイスキーの熟成に用いられる。

 

【ホッグスヘッド】

容量約220〜250リットル。

バーボンバレルを解体し、樽材を追加して組み直して作られる樽。

ホッグスヘッドを訳すと『豚の頭』というように、この樽にウイスキーを詰めた重さが概ね豚一頭分になることが由来。

 

【バット】

容量約500リットル。

主にシェリーの熟成樽として用いられ、その後ウイスキーメーカーの手に渡る。

 

【パンチョン】

容量約500リットル。

バットと同じ容量ではあるが、バットよりも丈が短く、横幅が広いのでずんぐりとしている形が特徴。

 

以上が一般的によく知られている樽の種類です。

 

少し話が脱線しましたが、『白角』の歴史に戻ります。

 

2016年にはリニューアルされて、単体でも飲めるようなブレンドにシフト。

しかしその後、観光客を中心にジャパニーズウイスキーの人気が高まり、シングルモルト『白州』が年数表記なしのノンエイジ品でも売れ、原酒不足を回避する目的で白角の休売が決定した。

 

『角瓶(黄色)』のキーモルトは山崎、白州のバーボン樽がキーモルトでしたが、『白角』白州のホッグスヘッド樽のみがキーモルトとして使用されています。

 

 

僕はジャパニーズウイスキーなら白州が好きです!!

 

 

そんな『白角』を実際に缶と比べてみたくて、水割り以外でも飲んでみたくて。

 

ただ、現在は休売しているので

 

 

 

 

 

 

オークションで入手しました!!

 

 

 

 

 

 

f:id:nukabukuro:20210426191554j:image

 

販売当時の値段が700mlで1590円(+税)

 

僕が購入したのは1500円(+税)ということで多少の送料はプラスでかかったものの許容範囲です!

 

ではここから実際に飲み比べてみましょう。

 

 

f:id:nukabukuro:20210426191611j:image

 

 

 

白角水割りを作る

 

 

今回もなるべく両者の条件を揃えるためにグラスを用意しました。

 

f:id:nukabukuro:20210426191630j:image

 

 

ここで念の為、原材料の確認を。

 

 

f:id:nukabukuro:20210426191646j:image

 

 

白角は度数40°

原材料はモルト、グレーン。

 

 

そらそうだろ!!

 

 

 

続いて、白角水割り缶

 

f:id:nukabukuro:20210426191701j:image

 

 

度数は9°

原材料はモルト、グレーン。

 

素晴らしい!
角ハイ缶のように無駄な混ぜ物は一切なし!!

 

 

両者グラスをしっかりとステアで冷やし、まずは白角水割り缶から注ぎ、ここでもしっかりとステアして冷やす。

 

 

f:id:nukabukuro:20210426191717j:image

 

今回は缶タイプが度数9°なので、なるべく同じにするために計算して白角瓶は約23cc注ぎ、水で割る。

これで度数は8.93°

(ご了承くださいませ。。)

 

f:id:nukabukuro:20210426191745j:image

 

 

 

テイスティング

 

超絶初心者のウイスキーレビューウイスキー超絶初心者の僕が、僕なりにウイスキーをレビューするというおこがましいコーナ。(暖かい目で見てやって下さい!)

 

 

 

f:id:nukabukuro:20210426191808j:image

 

 

色味は缶タイプの方が濃い!

しっかりとウイスキーの綺麗な色味です。

 

 

まずは香りから。

 

 

『白角水割り缶』

白州由来のすっきりした香りの中にわずかな樽香。

カラメルのような甘さも感じるが、全体的に香りは弱い。

 

 

『白角瓶水割り』

缶タイプに比べて香りは強い。

樽香、カラメルの香りは同じく感じ、少し

バニラのような甘い香りも感じられた。

 

では実際に飲んでみましょう。

 

 

 

『白角水割り缶』

 

f:id:nukabukuro:20210426191853j:image

 

缶タイプだがアルコールの辛みも少なく、スッキリしていて飲みやすい。

ほんのり甘みも感じるが余韻はそれほど長くなく、全体的にさっぱり、スッキリしている。

 

 

 

『白角瓶水割り』

 

f:id:nukabukuro:20210426191906j:image

 

缶に比べてカラメルのような甘みが強く、しっかりと余韻もある。

白州由来の爽快感はより強く感じられた。

癖はなく、まさに淡麗。

 

 

感想

 

正直缶タイプも今回初めて飲みましたが、少し薄いですがしっかりウイスキーで美味しいです!

 

勝敗をつけるなら。。。

 

僅差で白角瓶の水割り!

 

ただこれは分量の問題もありますし、缶タイプはウイスキーと水が混ざった状態なので評価するのは難しいですが、しっかりウイスキー本来の味わいや香りをより感じられるのはやはり自分で作る方です!

 

ただ飲みなれていない方もこの缶タイプはスッキリしていて飲みやすいと思います!

 

まさに淡麗辛口で食中酒にバッチリです!!

 

f:id:nukabukuro:20210426191947j:image

 

 

というか、白角美味しいですね!!

 

『白州』は近頃、原酒の確保ができたので『白州12年』を再販して、今後も継続的に供給していくとオフィシャルアナウンスがありました。

 

この流れからすると『白角』も近いうちにもしかすると再販するかもしれませんね!

 

それまでは今回買った一本を大切に飲みながら、早く再販されることを願います。

 

皆さんもご興味あれば是非〜

 

 

 

 

 

www.nukabukuro.jp

www.nukabukuro.jp

 

 

 

本日の一曲。

 

Wake Up to Me-THE FIRST CHOICE

 

youtu.be

 

 
 
 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ