ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

ビールって家で造れるの!?

 

皆さまこんばんは。

 

ぬか袋のお時間です!

 

気温が下がっておりますが体調崩されていませんか?

 

今年は秋がなくてもう冬に入ったかのような気温ですね。

 

季節のグラデーションがなさすぎる!!

 

寒くなるとビールを飲むことが減るのですが、本日はあのコーナーです!!

 

ビールを学ぶ造形が深いカッコいい男になるために、初心者の僕がビールについて1から学ぶコーナー。(暖かい目で見てやって下さい。)

 

今回で3回目の本日は『ビールの造り方』です!

 

お酒片手に何気なく読んでもらえたら幸いです!

 

 

 

 

ビールの造り方

 

 

f:id:nukabukuro:20211024200427j:image

 


まずはビールが出来上がるまでの簡単な工程です。

 

  1. 製麦
  2. 仕込み
  3. 発酵
  4. 貯酒
  5. 容器詰め


この5つの工程を経て皆様のもとへとビールが来ます。

 

ではこの5つの工程を1つずつみていきましょう!

 

 

製麦(せいばく)

 

f:id:nukabukuro:20211024200523j:image

 

この工程では、ビールに使う大麦を溶けやすく分解されやすい状にするのが目的です。

 

料理でいうところの食材を洗ったり、切ったりする『下ごしらえ』のイメージです!


まずは収穫した大麦を水に浸す(浸麦)を行い、大麦を発芽させます。

 

ちなみに麦芽とは大麦の種子を発芽させたもののことを言います!

 

発芽させることによって、酵母のエサになる『糖』が生まれます。


酵母のエサがなければビールの『アルコール』『炭酸』も生まれませんので非常に重要です。

 

発芽がほどよく進行したところで止めるために、熱風を当てて乾燥させる工程を『焙燥(ばいそう)』といい、この工程で麦芽がビールに必要な成分と香り、味を持ちます。

 

焙燥は前回もでできてましたね!

 

1回目でも軽く説明しております!

 

 

仕込み

 

f:id:nukabukuro:20211024200739j:image

 

この工程で麦芽はビールのもとになる麦汁(ばくじゅう)になります。


まずは麦芽からでんぷん』を抽出しやすくするために『ミリング』という麦芽を細かく粉砕する作業に入ります。


細かく砕かれた麦芽と温水を混ぜて温度を上げていきます。


そうすることで麦芽の酵素が働き、麦芽中の『でんぷん』が『糖』へと変わります。

 

『でんぷん』が酵母のエサの『糖』になるんですね!

 

そういうことです!

 

その液をろ過してホップを加えて煮沸すると、ビールのもととなる『麦汁』が出来上がります。

 

ホップが入っているので香りや苦味はありますが、この段階ではまだアルコールはありません

 

 

発酵

 

f:id:nukabukuro:20211024200602j:image

 

この工程で『麦汁』から『ビール』へと進化します。


麦汁に『酵母』と呼ばれる微生物を加えることで、麦汁の『糖』を取り込み『アルコール』と『炭酸ガス』を作り出してくれます。

 

ここで一気に、皆さまがいつも飲んでいるビールへと進化します!


発酵期間は『エール酵母』『ラガー酵母』などの種類によって変わりますが、約3日〜10日ほどです。

 

貯酒

 


発酵を終えたばかりのビールの味は荒々しいので、0℃に温度調整された部屋で酵母の働きを止めて、2週間ほど熟成させます。


この時に炭酸ガスがしっかりと溶け込み、味わいもまろやかになっていきます。

 

 

容器詰め

 

f:id:nukabukuro:20211024200622j:image

 

熟成が終わったビールを容器詰めする前に、ろ過して『酵母』や『不要な成分』などを取り除きます。


ほとんどのビールはろ過されていますが、無ろ過で容器詰めするものもあります。

 

ウイスキーでいう、ノンチルフィルタード(冷却濾過をしていない)みたいな感じですね!

 

ろ過しないからこそ、熟成で育まれた味わいや香りを最大限に感じることができます。

 

じゃあ、全部ろ過しないほうが良くない?

 

ろ過をしないと濁りや澱(おり)がでてしまいますので、一概に無ろ過ビールが良いとは言えません。

 

(おり)とは活動を終えた酵母のことで、栄養素を蓄えたまま瓶底に沈殿します。


こうした工程を経て、缶や瓶、樽に詰められて私たちのもとへと届けられます。

 

簡単に説明したので『家でも造れるんじゃね?』と思わなかったですか?

 

思った!!

 

日本では酒税法によって、製造免許を持たない者がお酒を造ること禁止されています!!

 

アルコール度数が1%でもあればお酒となりますので、製造免許なしにビールを造ると10年以下の懲役、又は100万円以下の罰金に課せられます。

 

ただアルコールが1%未満であれば造れるということですので、もし興味を持って造られる場合はアルコール度数に十分注意してください!

 

ちなみにアメリカでは自家醸造が認められており、多くの州で年間で約378リットルの上限を超えなければ、個人でビールを造ることができます

 

羨ましい!!

 

アメリカでは市販のキットも販売されているようですので、手軽に自家醸造ができるみたいです!

 

youtu.be

 

日本でも造れる日が来ると良いですね〜

 

では本日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

On My Block -Scarface-

 

youtu.be

 

 

 

www.nukabukuro.jp

www.nukabukuro.jp

 

 

 

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ