ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

病に負けない絆【卒寿祝い】

 

皆さまこんばんは。

 

ぬか袋のブログのお時間です。

 

最近のぬか袋のブログはウイスキーやコーヒーなど専門的な話が多かったと思いますが、本日はある1日の出来事について書いていきたいと思います。

 

初心に戻って雑記ブログです!

 

 

 

 

年祝い

 

早速ですが、賀の祝い年祝いとも言われる長寿の祝いは色々ありますが、皆さんどれぐらい知っていますか?

 

  • 『還暦(かんれき)』        60歳
  • 『古希(こき)』                70歳
  • 『喜寿(きじゅ)            77歳
  • 『傘寿(さんじゅ)』        80歳
  • 『米寿(べいじゅ)』        88歳
  • 『卒寿(そつじゅ)』        90歳
  • 『白寿(はくじゅ)』        99歳
  • 『百寿(ひゃくじゅ)』   100歳

 

正直、還暦以外はあまり知らなかったです!笑

 

僕の祖父がタイトルにもあるように、先日めでたく90歳のお誕生日 『卒寿』を迎えました。

 

なんと、昭和7年生まれ!
西暦でいうと1932年です!

 

最近では昭和生まれの方でも1桁代の方はかなり少なくなってきたのではないでしょうか。

 

『昭和』、『平成』と時代は変わり、現在は『令和』になっていますからね。

 

90歳の誕生日ということもあり僕の家族、母親のお兄さん家族も参加し盛大に誕生日会を行いました。

 

そんな誕生日会の様子を本日は振り返っていきたいと思います。

 

頑固なおじいちゃん


まず、僕の祖父がどんな人物かというと

 

絵に描いたような昭和男児です!笑


自分の意見は絶対に曲げず、必ず自分が正しいといった、簡単に言うと頑固親父です。

 

ただ、仕事には熱心で何歳から始めたかは聞いたことがないのですが、自分で起業して会社を立ち上げました。

 

現在はもちろん引退していますが、祖父の子供3兄妹で会社を経営し存続しています。

 

そんな祖父の家は京都の昔ながらの家そのもので、長方形で奥に長い家になっています。

 

皆さんが頭に思い描く昔ながらの家です!笑


僕が中学校に上がるまでは、毎週末は必ず祖父の家に行き親戚たちと食事を囲み、奥に長い間取りなので家の中を兄妹や歳の近い親戚と走り回ったものです。

 

だいたいそんな時は祖父の雷が落ちてきます。笑

 

危ないからやめなさい、走り回るな!!

 

怒鳴るまではいきませんが、よく怒られていた事を今でも顔を見ると思い出します。

 

その日の機嫌によっては走り回っても何も言われないこともあったので、怒られた時には子供ながらに『おじいちゃんはよく怒るから嫌だなぁ〜』なんて思っていましたね。

 

過去の振り返りはそんなところにして、先日のお誕生日会の振り返りに入りましょう!

 

 

卒寿のお誕生日会

 

現在僕の祖父は軽い認知症を患っています。


最近では落ち着いた様なのですが、一時期はされてもいない仕事の発注の電話を業者にしたり夜な夜な一人で外に出歩いたり2階の階段から物を下に放り投げたりしていたこともあったようです。

 

ただ、先日のお誕生日会で今年のお正月ぶりに会った僕の顔を見ると、昔と同じ呼び方で『○○ちゃん久しぶり。おっきくなったな』と声を掛けてくれます。

 

認知症で忘れることもありますが、家族の絆はそう簡単に忘れないものなのですね。

 

それだけでも涙物ですよね。笑

 

お誕生日会は祖父の家の庭でBBQを行ったのですが、外はかなり熱かったので流石に祖父は家の中で待機、僕たち若者が肉を焼く係です。

 

 


90歳ともなると柔らかい物を好むと思うのですが、祖父の好物は『ミノ』なのでその日もバクバク食べてました。

 

若者でも飲み込むタイミング分からへんやつ!笑

 

食に対しても『どんだけ頑丈やねん!』と思わず突っ込みたくなるほど、お肉をたくさん食べていました。笑

 

そしてお誕生日会の途中でみんなからのプレゼントを渡し、記念撮影を行いました。

 

このプレゼント選びもかなり難しかったです。

 

90歳にもなると何を渡すのが良いのか本当に難しいです。

 

しかも僕の家族も各々買っていたので、思い付くプレゼントの候補は既になくなっていました。

 

なんとか『湯呑み』は誰も選んでいなかったので、僕は祖母とセットで2つの湯呑みをプレゼントしました。

 

本当に嬉しそうに『ありがとうな』と言ってくれた一言に何故か涙が出そうになったのはここだけの秘密です。笑

 

子供の頃、祖父の家の中はとても広く感じましたが、大人になった今見るとそこまで広く感じませんでした。

 

そんな家の中を走り回っていた僕達に『家の中を走るな!』とよく怒っていた祖父の言葉は今では痛いぐらいわかります。

 

僕も大人になったんだなとしみじみ思いました。

 

今だから思えますが、あの家の中を自分の孫が走り回っていたら、祖父と同じ様に怒ってますね。笑

 

僕達が怪我をしないように言っていてくれていたんだなぁと今更ながら理解出来ました。

 

そんなこんなで笑顔溢れる楽しいお誕生日会も夜が更けてきたので、お開きとなりました。

 

『いやぁ〜。いいなぁこういうの』と思いながら帰路につきました。

 

やはり家族というものは何物にも変えられない、かけがえのない存在なんだなと再認識することもできましたし、祖父の偉大さを改めて感じることができ本当に良い1日でした。

 

次は『白寿』の99歳でまた盛大なお誕生日会ができるように健康で長生きしてほしいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

皆さまも家族は大事にしましょう!笑

 

毎回締めに曲を紹介しているのですが、本日の一曲はこの流れで是非聴いてほしい曲です!

 

この曲はMACKLEMOREの祖母の100歳を祝った様子がMVになっています。

 

GLORIOUS - MACKLEMORE feat. SKYLAR GREY

 

youtu.be

 

では。

 

 

 

 

 

www.nukabukuro.jp

www.nukabukuro.jp

 

 

 

 

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

⚠︎stand.fm(ラジオ)

stand.fm

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ