ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

僕の好きなもの【BarberShop】

f:id:nukabukuro:20210415231431j:image

 

こんばんは。ぬか袋のお時間です。

本日の内容はタイトル通り。
僕の好きなものシリーズ第一弾。これからはこのシリーズをゆるく更新していこうと思います。

 

 

二刀流

 

僕には信頼しているbarber shopが二つあります。
ひとつ目は20代前半から行っている床屋。
ふたつ目は洗練された京都にある知る人ぞ知る完全予約制のbarber shop。

 

ふたつ目に関してはまた今度記事にしようと思いますので割愛します。

 

ひとつ目の床屋は普段のメンテナンス用。ふたつ目は何か大事な日がある時や特別な日の前に行ったりします。

 

こんな感じで僕はbarber shopを二通りの使い方をしています。

 

昔ながらの床屋スタイル

 

おっさん世代なら誰しもが一回は行ったことがあるであろう普通の床屋だ。椅子は5脚ほど。そのうちの1脚はパーマ専用で使われている。

 

この床屋は店主のおっさんとその妻と従業員の合計3名で切り盛りしている。髪を切るのはおっさんと従業員。おばちゃんはパーマ及び顔剃り専用で髪は切らない。もちろん、おっさんたちも顔剃りをする。

 

おっさんは鼻の穴がやたらデカくてリーゼント頭。おばちゃんはセミロングにパーマを当てていて、服装は白のカッターシャツに黒パンツ。おばちゃんはこの上にベストを羽織っていて、昭和スタイルだ。従業員は若めの兄ちゃん。(後に異動する)

 

割と大きいグループ会社のフランチャイズ店だが、おっさんとおばちゃんの風貌を見ると、もはやこのおっさんたちが店を作り上げたようにしか見えない。

 

床屋のスキル

 

昔からあるこの床屋はかなり流行っていて、客も子供から大人まで幅広い。一番の売りはおそらく安さだろう。しかし、この値段にしてはスキルがかなり高い。

 

Aコース ¥1500(カットのみ)

Bコース ¥1800(カット、顔剃りブロー付)

Cコース ¥2100(カット、シャンプー、顔剃りブロー付)

フェードカット ¥2000

 

僕はいつもAコース。フェードカットなので2000円だ。カットのみのシンプルさを追求したコースだが、もみあげ、うなじ周辺の産毛などは綺麗に剃刀で落としてくれる。

 

もともとは1500円でフェードカットができていたのだが、あまりにもフェードの客が多く、どうしてもフェードは他に比べて時間がかかるため、プラス500円にしたそうだ。

それでも格安。僕は2週間に一回のペースで通っている。

 

おっさんと兄ちゃん

 

どちらもスキルが高いが、やはり兄ちゃんの方がうまい。こんな感じにしてほしいと写メを見せるとおっさんもバッチリ仕上げてくれるが、兄ちゃんは細部までキメてくれるため、いつも想像以上の仕事をする。

 

そんな兄ちゃんには絶大な信頼を寄せていた。しかし、去年の11月に奈良に異動し現在は兄ちゃんの代わりに違う店舗から異動してきた新しいおっさんが働いている。

 

床屋あるある

 

予約なしで順番さえ待てばその日に切れるのは床屋の魅力のひとつだろう。ただし、上記のように僕は二人とも好きだが、選べるのなら兄ちゃんを指名したい。

 

だが床屋にはそんな制度はないので、順番を待っている時前の客の数、おっさんと兄ちゃんの客の捌き方を見ながらこのままいけば兄ちゃんや!なんて考えながら順番を待つのは床屋ではあるあるだろう。

 

混んでいる時ほどおっさんの客の捌き方は尋常じゃなくて、このままいけば兄ちゃんなのにそんな時ほど決まっておっさんに当たる。

はい次!

 

新しいおっさん

 

兄ちゃんが異動してから一回だけ新しいおっさんに切ってもらったことがある。少し不安だったがフェードは一応できるみたいだ。スキルは普通。

ただ僕にはハマらなかった。

現在では指名制度がないのにおっさんが気をきかしてくれてどんな状況でもおっさんが切ってくれるという悪魔の契約を交わした。新しいおっさんごめんな。 

 

愛すべきおっさん

 

現在は安定しておっさんにメンテナンスを行ってもらっている。兄ちゃんがいなくなった今ではおっさんに絶大な信頼を寄せている。あんなに兄ちゃん推しだったのに不思議なもんだ。

 

そんなおっさんがこの間、大胆な行動に出た。僕は普段フェードは裾が0.1mm。この店では0.1mmのことを通称ゼロイチと呼んでいる。

 

普通のバリカンのアタッチメントに0.1mmなんてないのでおっさんが刃先を0.1mmに削って使用するという高等技術を駆使している。この時点で他の床屋にはないバリカンへの熱い想いが窺える。

 

こんな気合の入った床屋は他にはない。しかし、ゼロイチは刃先の消耗が激しいらしく最近では電気シェーバーを導入している。そんな先日のこと。いつものようにゼロイチを注文するとおっさんはいつもと違う電気シェーバーを持ってきた。

 

 


 

 

新しいやつ??

 

いや最近いつもの電気シェーバーが調子悪くてな。ほんなら今日潰れよってん。もしものことがあったらと思って俺が普段家で使ってる電気髭剃り持ってきてて正解やったわ。

 

ウソやろ!?

 

仮にそうでも正直に言うなよな。誰がおっさんが使ってる髭剃りで髪剃られて喜ぶねん。笑

 大胆で少し無神経だけど、そんな気さくなおっさんが好きだ。

 

次回は異動した兄ちゃんに会いに奈良まで行った話を記事にしたいと思います。お楽しみに!

 

本日の一曲はこちら。

youtu.be

 

ラジオスタートしました!

是非こちらもチェックしてください!

木曜21時更新。

 

stand.fm

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ