ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

そこに山があるから

 

こちらの続きです。

 

nukabukuro.hateblo.jp

 

 

nukabukuro.hateblo.jp

 

 

 

  

 

2月も残すとこ僅かといった日。

 

月日が経つのは、年々早く感じる。

 

街はある話題で大騒ぎのころ

僕は、自然の脅威に立ち向かっていた。


f:id:nukabukuro:20200329215525j:image


数時間前。

 

筋肉の疲労を押しのけ、目を覚ました。
昨日の自然との触れ合いが身体を覆い、ミシミシと音を立てる。

 

本日は、硫黄岳山頂を目指す計画を立てている。

 

天気は良好。

気温は、マイナス12℃


f:id:nukabukuro:20200329215557j:image


身体も慣れてきたのか、あまり寒くない。

 

と、ここで豆知識!

 

Q.高度上がるとなぜ気温が下がるのか?
(高度とは、平均海水面または地面からの高さのこと)


ただ木々が生い茂りマイナスイオンが豊富になるからではない。


ではなぜか。
一般的には、高度が地面より100m上がるごとにマイナス0.3~0.6℃低下すると言われている。
ということは、普段生活している環境から1000m高度を上げると単純計算でマイナス3~6℃。
地面が10℃の場合、1000mの高さに達すると気温は4~7℃ということになる。
もちろん山域の環境により雨や雪が降り気温が低下する。

 

簡単に説明するとこんな感じ。
お分りいただけただろうか。

 

さて、気を取り直し
強く日差しが照りつく中、八ヶ岳の頂へ。


f:id:nukabukuro:20200329220023j:image


時刻 08:00 登山開始

 

山道は、日陰も多く風が吹くと冷える感覚がある。

道無き道を行く。

ただこれだけ冷えていると、雪も溶けにくく綺麗な結晶が見られる。

とても幻想的だ。


f:id:nukabukuro:20200329220100j:image


少しずつ顔を出す。
あそこを目指すことがどれだけのものなのか。

 

僕「こんにちは〜」

 

老夫婦「こんにちは。寒いですね〜、今日はどちらまで?」

 

僕「硫黄岳まで行こうかと思ってます!」

 

老夫婦「行き先は一緒やね〜、元気でよろしいねぇ」

 

僕「お二人もお元気ですね!」

 

老夫婦「ありがとう〜」

 

僕「では、お気をつけて。お先に〜!」

 

老夫婦「追いかけます〜」

 

先におられた老夫婦とたわいもない会話。

山では、これがルール。
登山の途中出会った人との挨拶。

 

「こんにちは」

 

とても大切なこと。
人と人とのコミュニケーションですね。

 

では、先を急ごう。

 

中間地点が見えてきた。
一時休息を取ることに。

 

が、しかし。


f:id:nukabukuro:20200329220150j:image


先程までの快晴が嘘のよう。
峠を越えた途端、目の前は真っ白。
視界は猛吹雪で目も開けられない状況。

いやぁ〜、この時は自然の脅威を感じましたね〜。

 

山頂までは残すとこ約500m。

 

動物で例えるなら、アフリカ大陸・中東などに生息する、「キボシイワハイラックス」

を1000匹追い越さなくてはいかない。

 

f:id:nukabukuro:20200329221106j:image

 

なかなか険しいなぁ。
踏ん張りどころ。

 

左半身に強風が吹き凍てつく氷が打ち付ける。
気を抜いてしまえば、風で身体が飛んでいきそうなくらい。

 

あと少し。

 

自然とメンタルとの戦い。

 

あと少し。
身体を奮い立たせる。


f:id:nukabukuro:20200329221137j:image


無事登頂

 


正直、何度か命の危険を感じるほど難関な道のりでした。


とりあえず下山しよう。

 

所要時間は、往復約4時間

 

さぁ、帰ろう。

 

そんなこんなで、無事帰宅。

とてもいい経験をできた。

 

これにて山編、完結

 

本日の一曲。

youtu.be

 

とても沁みます。
ただその一言です。

 

 


 

⚠︎Twitterもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

   

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ