ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

鹿しかいないわけではありません。


皆様、こんばんは。

 

f:id:nukabukuro:20201129104020j:image


f:id:nukabukuro:20201129104029j:image


本日のブログは、

京都駅近くの【喫茶 ドンピー】から。

 


昭和を彷彿させる情緒溢れる老舗。

朝の目覚めにぴったりな、少し酸味のあるコーヒーとお決まりのバタートーストを頂いております。

 


f:id:nukabukuro:20201129103931j:image

 


厨房から奏でられる、卵をかき混ぜる音。

サンドイッチでしょうか。

とても心地いい。

 


次回はサンドイッチも食べてみよう。

 そういえば、最近自分の中で再熱したコーヒー欲を満たすべく

新たな装備を購入いたしました。

 

 

 完全に衝動買いです。

まだ家で眠っています。

なぜなら、、、

ポットがないことを忘れていたからです!!

 

使ってみての感想はまた今度紹介できれば。

 

そんな話は置いといて、本題に参ります。


そして目的地は、言うまでもなく

 


”奈良県”でございます!

小学校の遠足ぶりでしょうか。

 

f:id:nukabukuro:20201129104047j:image


では、古き良き奈良へ!

 


今回は、『JR秋の関西1デイパス』を利用しての電車旅。

奈良県以外にも、大阪、滋賀、兵庫へも行けるので

朝から行動する場合にはお勧めです!

今秋のパス発売期間は残りわずかですが、春、夏、冬は『青春18きっぷ』という切符もあるそうなので、そちらもチェックしてみてください!

 

 

 

京都から奈良までは電車で約1時間で到着。

 

f:id:nukabukuro:20201129104059j:image


遠足みたいでワクワクしますねぇ。

早速、巡回バスを利用して本命の東大寺を目指すことに。

 


バスに乗ってすぐ、“鹿“出現。

 

f:id:nukabukuro:20201129104126j:image


奈良やなぁ。

自由気ままに二車線の道路を横断しておられました。


この日は平日でしたが、観光客や修学旅行などで東大寺周辺は賑わっておりました。

(恐るべし、奈良県観光地)

 

東大寺

f:id:nukabukuro:20201129124526j:image


人混みを掻い潜り、無事到着!

この存在感。

 

中に入って行けば

これまた圧巻。

 

f:id:nukabukuro:20201128012155j:image


聖武天皇が国力を尽くして建立した寺で、「奈良の大仏」を本尊として知られていますよね。

 

f:id:nukabukuro:20201128012319j:image


東大寺歴史

【資料添付】

 


社会的不安から、今では想像もつかない苦難の末、創建された“東大寺”

また見方を変えて訪れるのも一興ですね。

 


しっかり、御朱印も頂戴いたしました。

 

f:id:nukabukuro:20201129123706j:image


東大寺の御朱印は

「法華堂」「二月堂」「戒壇堂」「鐘楼」などでも頂戴することができ、他にも15種類以上あるみたいです。

 


ですが、今回は一つだけ。

次回行くときのお楽しみとしておきます。

 


東大寺のあとは、春日大社へ。

 

春日大社

 

f:id:nukabukuro:20201129123737j:image


全国に約1000社ある春日神社の総本社とだけあってこちらも存在感が凄く、異彩を放っております。

 


歴史は1300年ほど前の奈良時代まで遡り、実に深く、キリがないぐらい。

 


今まで色々な神社、お寺を見ましたが

ここまで心洗われる所は、ないでしょうなぁ。

(どれだけ心汚れてんねん。)

 


境内は広く、中も拝観しましたが幻想的な空間でした。

 

f:id:nukabukuro:20201129123948j:image


f:id:nukabukuro:20201129123945j:image


f:id:nukabukuro:20201129123957j:image


f:id:nukabukuro:20201129123953j:image


こちらの燈篭は、2月の行事で

【節分万燈篭】が開催され、夜に2000基の石燈篭と1000基の釣燈篭に灯りがされるみたいです!

 


粋な行事です。

 


と、ここで一つ疑問が。

 

f:id:nukabukuro:20201129124027j:image

(もはやオブジェ)


奈良にはなぜこんなにも鹿がいて、大切にされているのか?


春日大社とも深く関係があり、その歴史も1300年前に遡るとのこと。

 


『神鹿(しんろく)』とも言われているほど、奈良県では鹿を大切にされており、

今も尚、奈良の天然記念物として保護されているそうです!

 


元々、この『神鹿(しんろく)』というのが、春日大社の祭神、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が茨城県の鹿島神社から乗ってきたものとされており、その関係もまた興味深いところ。

 


茨城県かぁ。(行かねば。)

 

こちら、皆様ご存知の“せんとくん”

 

f:id:nukabukuro:20201129164926j:image

実は、彼女が存在したらしい。

(初めて知りました。)

まさかゆるキャラに大切な人がいるなんて。

 

その正体は、

奈良県葛城市の公式マスコットキャラクター。

 

f:id:nukabukuro:20201129165142j:image

 

蓮花ちゃん(れんかちゃん)

それだけです。

 

御朱印もきちんと頂戴しました。

 

f:id:nukabukuro:20201129124210j:image


京都とはまた違う奈良の歴史を知ることができ、とても感動しております!

 


調べれば調べるほど。知れば知るほどに

その魅力に引き込まれていきます。

 


まだまだ沢山の歴史が埋まっているので、またの機会にでも

記事にしてみましょうかねぇ。

 


休日には、奈良へ行こう!!

 


では、ここまで。

ご愛読ありがとうございました!

 

 


本日の一曲はこちら。


葉加瀬太郎 エトピリカ【OFFICIAL】

 

では、またの機会にお会いしましょう。


 

⚠︎Twitter,Instgramもやってますので、是非フォロー宜しくお願いいたします!

 

Instagram

 

コメント、ブックマークもお気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ