ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

観光地 京都を巡る【清水寺】

 

皆様、こんばんは。

 

ぬか袋のお時間となりました!

 

2021年も残すところ数日。

年々、一年というのが早く感じます。

(本当にあっという間。)

 

12月もぬか袋を

どうぞ宜しくお願い致します!

 

本日は、京都に訪れた際に一度は行っておきたい場所。

 

今回は、清水の舞台でも知られる

 

『清水寺』

 

f:id:nukabukuro:20211211000708j:image

 

紅葉が綺麗に色付いてますね!

 

平日ではありましたが、清水寺周辺は

修学旅行生やツアーで来ているご年配の方などでわちゃわちゃ。

 

コロナの影響も緩和され、気分も少し解放されてますからね。

京都という観光地には人の賑わいが戻りつつあるそうで。

 

しかし、京都在住の私は人混みがあまり得意ではありません。

(そもそも得意な人はいるのかな。)

 

ということで、混雑を避けるために少しでも落ち着きのある道を探すことに!

 

 

 

茶碗坂

 

 

ゆったりしており、落ち着いた道。

もちろん、他の参拝客の方々もいらっしゃいますが

よく皆さんが利用する二寧坂産寧坂清水坂などに比べると、楽に歩けますよ!

 

特に紅葉シーズン初詣大型連休の時などは混雑を避けるのは難しいですから、

どこの通りも人混みですね。

 

ただ、あくまで個人の意見と平日の丁度いい時間帯だから、

という条件があるかもしれませんので参考程度に。

 

ペンション 古都夢

 

お昼時ということで、私のお腹が鳴りました。

では、ランチと行きましょう!

 

坂を登っている中間地点に

雰囲気バッチリの私が好きそうなレストランがあるじゃないですか!

 

f:id:nukabukuro:20211211000922j:image

 

『PENSION KOTOMU ~ 古都夢 ~』

 

うん、いい。

 

では

ドアを開け、中へお邪魔いたしましょう!

 

先客はおらず、客は私と相方の二人だけ。

 

おこしやす。こちらの席へどうぞ。

 

とても優しそうなお母さんに出迎えられ、優しく丁寧に案内してくださいました。

 

失礼します。お冷です。

 

大変恐縮ではありますが、お食事の際は黙食のご協力をお願いいたします。

 

もちろんでございます!

 

しかしこの後、黙食を痛感することに。

 

カツカレー

 

もう皆様も分かってきましたかね??

そうです。いつものヤツです!

 

もちろん、最初は悩みましたよ。

ミックスフライ定食もとても魅力的だったので、もちろん悩みました。

 

ただ、店員さんを目の前にすると

勝手に口から出てくるんです。

 

あっ、カツカレーで。

 

そこですかさず相方が、

 

そうなると思った。

 

こればっかりは仕方ないですね。

次は、次こそは違うものを。

そうこうしてるうちに、

 

お待たせいたしました!カツカレーです。

 

f:id:nukabukuro:20211211001113j:image

 

これは素晴らしい。

肉厚なカツでしたが、スプーンで切れるほどに柔らかく旨味がすごい。

 

ルーはビーフカレー。

濃厚な味わいとカツから溢れ出た肉汁が相まって

口の中ではお祭り騒ぎでした。

 

しかし、ここで問題が。

 

f:id:nukabukuro:20211211001236j:image

 

そうなんです。

この気持ちを伝えたいのに、顔の表情だけで伝えなくてはいけないのです。

 

黙食。

限界。

 

なので、黙々と食べ進めます。

食後のコーヒーをいただき

少し落ち着いたところで、お会計。

 

ごちそうさまでした!

 

ご協力有難うございました!またお待ちしております。

 

もっとお父さんお母さんとお話したかった。

 

絶対また来よう!

 

私のカツカレーへの想いを記事にしていますのでよろしければ。

 

 

www.nukabukuro.jp

 

www.nukabukuro.jp

 

 

 

 

END.

 

ご愛読ありがとうございます!

 

本日の一曲。

 

I Can`t Go For That - Daryl Hall & John Oates

 


www.youtube.com

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ