ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

月と失われゆく動物【チチブコウモリ】

皆さまこんばんは。


ぬか袋のお時間です。

 


遅ればせながら、明けましておめでとうございます!


本年もぬか袋のブログを宜しくお願いします!


あ、ぬか袋のTwitterも是非宜しくお願いします!

 

皆さまお正月はどう過ごされていましたか?

 

僕は正月は特に何かをしたわけではなく、飲んで飲んで飲みまくっておりました。笑


例年は大晦日にいつもの友人たちの集まりで飲みまくって、新年早々2日酔いスタートで三が日はお酒を受け付けない体になります。


しかし今年は2日酔いになる程のお酒は飲まなかったので三が日も飲んでおりました。笑

 

休肝日を設けながら飲まないとですね。。

 


というわけで本日は前回に引き続いて、イチローズモルトを色々飲んでみよう!』のコーナーです!


なにそれ?という方はこちらから。


今回も場所は馴染みのBARです。


今回の銘柄はこちら!

 

 

f:id:nukabukuro:20220115024545j:image

 

 

イチローズモルト 月と失われゆく動物シリーズ第8弾『秩父コウモリ』です!

 

 

 

 

ウイスキートーク福岡

 

 

f:id:nukabukuro:20220115024318j:image

 


このボトルはウイスキートーク福岡限定ボトルです。


なので、ボトルを紹介する前にウイスキートーク福岡について軽く触れておきます。


ウイスキートーク福岡は、毎年6月に開催される九州最大のウイスキーイベントです。

 

福岡・九州各地で活躍するバーテンダー有志を中心に組織された『クラブバッカス実行委員会』が運営しています。


新型コロナウイルスの影響で2020年,2021年は開催が中止になりましたが、これまで10回開催しております。

 

2019年の入場者数は1900人と年々入場者が増えております!


日本各地、そして海外のウイスキーファンから『6月といえば、ウイスキートーク福岡』と称される一大イベントに成長しています。


サントリーなど誰もが知っているメーカーからBARまで様々なブースがあり、前売入場券を購入して会場入りすれば、約200種類の無料試飲をはじめ、ウイスキー初心者のための無料セミナーやトークショーにも参加できます。

 

行ってみてぇー


また、ジャズ&クラシック音楽の演奏やプロのマジシャンによるマジックなど、大人の楽しみも存分に味わうことができます。


そして、この日の来場者のみが応募できるオリジナルボトルの抽選予約販売も行われます。

 

そのうちの一本がイチローズモルトです!


イチローズモルトの『月と失われゆく動物シリーズ』の他にマルスモルトの『太陽と鳳凰シリーズ』ボトラーズ『祈り(prayer)シリーズ』など限定ボトルは豊富です。


もちろんここ数年は簡単に買えるボトルはなく、特にイチローズモルトはオークション等でおかしな値段になっております。

 

 

イチローズモルト『月と失われゆく動物』

 

 

f:id:nukabukuro:20220115024559j:image

 


ウイスキートーク福岡で抽選販売されるボトルにはそれぞれテーマがあります。


イチローズモルト『月と失われゆく動物シリーズ』はタイトル通り日本の絶滅危惧種をテーマに、失われてしまえば二度と巡り会えない動物たちと、再生を意味する月の満ち欠けによって、私たちが何をすべきかという隠れた問いかけも込めています。

 

 

すごく良いテーマですよね!

 


2021年開催時点で計11本リリースされております。

  • 第1弾 『オオカミ』
  • 第2弾 『トキ』
  • 第3弾 『カワウソ』
  • 第4弾 『ツシマヤマネコ』
  • 第5弾 『シマフクロウ』
  • 第6弾 『オオサンショウウオ』
  • 第7弾  『ツキノワグマ』
  • 第8弾  『チチブコウモリ』
  • 第9弾  『アオウミガメ』
  • 第10弾『エゾシマリス』
  • 第11弾 『ニホンライチョウ』


これらは全て多いもので300本弱しか作っておらず、ボトルのラベルにはボトルナンバーも記載されております。


もちろん全ての動物は九州地方で絶滅の恐れがあり、環境省が定める『レッドリスト』に掲載されている動物です。

 

 

 

 

 

月と失われゆく動物『チチブコウモリ』

 

 

f:id:nukabukuro:20220115024615j:image

 


今回いただいたのは第8弾の『チチブコウモリ』です。


蒸留は2010年2018年にボトリングされた8年熟成のシングルモルトです。


使われている樽はイチローズモルトが所有している羽生カスクのホッグスヘッド

 

ホッグスヘッド?

 

ホッグスヘッドとは樽の大きさの名前です。

 


【ホッグスヘッド】

容量約220〜250リットル。

バーボンバレルを解体し、樽材を追加して組み直して作られる樽。

ホッグスヘッドを訳すと『豚の頭』というように、この樽にウイスキーを詰めた重さが概ね豚一頭分になることが由来。


他の樽の種類はこちらから。

 


アルコール度数は62.3%ノンチルフィルタード(冷却濾過なし)です。

 

 

では実際に飲んでみましょう!

 

 

f:id:nukabukuro:20220115024628j:image

 


色味はそこまで濃くはなく、薄く綺麗なゴールドといったところです。

 


香り

 

バナナ、プリンの様なクリーミーな甘い香り、イチローズモルトらしいべっこう飴のような香りも感じられました。

 

今まで飲んだリミテッドクラシカルと似た甘みがメインの香りが印象的でした。

 


味わい

 

とろりとした口当たりで60度とアルコール度数も高いですが、それほど重い感じではなく、クリーミーなカラメルの甘みとナッツの香ばしさが特徴的でした。

 

余韻はそれほど長くなく、黒糖の様な甘みが鼻から抜け、モルトの穀物感もありました。

 

リミテッドクラシカルと比べて突出した個性はあまり感じ取れませんでしたが、アルコール度数60度なのでイチローズモルトらしさをどっしりと感じられるボトルでした。

 

『オークションでの価格と中身は釣り合っているのかな?』という印象はありましたが、らしさが出ている味わいではありました!

 

 

美味しかったです!

 


皆様もBARなどで見つけた際は一度飲んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

では。

 

a lot - 21 Savage feat. J.Cole

 

youtu.be

 

 

 

www.nukabukuro.jp

www.nukabukuro.jp

 

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ