ぬか袋のブログ

おやすみ前に読む、何気ない一日の記録

京都で湯ったり【金閣寺湯】

 

 

 

 

皆さまこんばんは。

 

 

ぬか袋のお時間です!

 

 

連日の暑さとコロナが猛威を奮ってますが皆さん調子はどうですか?

 

 

兎にも角にも熱中症とコロナには気を付けて夏を楽しみましょう!

 

 

それでは本題です!

 

 

先日、恒例の新規銭湯開拓をして参りましたので共有したいと思います!

 

 

今月は2回目ですね!

 

   

 

金閣寺湯

 

f:id:nukabukuro:20220729194638j:image

 

 

 

今回訪れたのは京都は北区にある金閣寺湯です。

 

 

 

 

周辺に最寄駅はないのでアクセスは車が良いでしょう。

 

 

駐車場は2台ありますが3ナンバーは駐車禁止と書かれていたので要注意です!

 

 

営業時間は14時から25時。定休日は月曜日です。

 

 

金閣寺湯とはその名の通り金閣寺の近くに在ります。

 

 

西大路通りの大通り沿いのビルの1階に銭湯が入ってるのは珍しいですよね。

 

 

アーチ型の看板を見たことがある人も多いと思います。

 

f:id:nukabukuro:20220729194717j:image

 

オープン銭湯で行ったので看板に明かりは灯ってなかったのが唯一心残りです。

 

 

今度は夜の部に行ってみよう!

 

 

入口は自動ドアで、券売機タイプです。

 

 

ビルの中に入ってるので小さめの銭湯かなと思ってたら想像以上に浴場内は広く感じました。

 

 

浴場の構造は中央にカランで囲ってあり、『メインの風呂』、その中に『電気風呂』、『浅風呂』、『電気風呂』が入ってます。

 

 

その奥に『水風呂』、『サウナ』があります。

 

 

サウナはひな壇式で2段となっており、頑張れば8人ほど入れる空間となってます。

 

 

さらにその奥に露天風呂があり、想像を遥かに超えた癒し空間があります。

 

 

天然椅子取りゲーム

 

 

先ずは例の如くシャワーで体を清めてお湯に浸かります。

 

 

お湯の温度は適温で、気持ちがいいです。

 

 

オープン銭湯にもかかわらず人の入りは常連さんで賑わっていて雰囲気がいいですね。

 

 

一通り堪能したらサウナへ。

 

 

普段船戸湯のサウナに慣れてると熱過ぎて考え事する余裕も与えてくれませんが、金閣寺湯のサウナはちょうど良い熱さでじっくりと頭の整理ができました。

 

 

考え事する余裕も与えてくれないあの激アツサウナはスカッとしてなんもかんも吹っ飛ばしてくれるので最高なんですけどね!笑

 

 

水風呂で絞めて、外気浴へ。

 

 

椅子はありませんが、天然の石が2つあり、みんなそこで外気浴を楽しんでるようです。

 

 

結果でいえば2勝1敗でした。

 

 

しかし、金閣寺湯の露天風呂はクオリティが高いです!!

 

 

ちょっとした庭園と数寄屋風の屋根はまるで温泉旅館に来たような感覚になります。

 

 

お湯はぬるめで一生入ってられるヤツです。笑

 

 

調べるとリアルな温泉みたいで、西京極にある『天祥の湯 大門』さんからお湯が運ばれてるみたいです。

 

 

というのも、『金閣寺湯』は『天祥の湯 大門』の息子さんが経営してるんだとか。

 

 

本物の銭湯一家ですね!

 

 

色んな露天風呂がある銭湯に行きましたが今のところ群を抜いて金閣寺湯さんの露天風呂が個人的に好きになりました。

 

 

数寄屋風の屋根と本物の温泉、ちょっとした庭園と、リラクゼーション空間から見上げる青空はまさに至高。

 

 

この空間からの外気浴が気持ち良過ぎてオールアウトしました!

 

 

次はベタに金閣寺を観光してから行ってみようかな!

 

 

 

peace!

 

 

 

Guy Sebastian - Battle Scars ft. Lupe Fiasco

 

youtu.be

 


 

 

 

 

www.nukabukuro.jp

 

www.nukabukuro.jp

 

 

 


 

 

ラジオスタートしました!

是非こちらもチェックしてください!

木曜21時更新。

 

stand.fm

 

 


 

⚠︎Twitterのフォローも是非、宜しくお願いします!

 

 

 

【コメント】【ブックマーク】【読者登録】お気軽に宜しくお願いします!

 

こちらもクリックして頂けたら幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ